スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ピカピカの中学生
ワタシが住む地方では、学校の新年度がスタートしてから2週目もそろそろ終わろうとしている。(首都など他地方では、此処より1週間早く学校が始まる)
としては、中学にあがって坊ちゃんが物怖じしないでやっていけるのか・・・・・と非常に気をもんだのだけど、どうやら大丈夫そうな感触!!
中学と言っても奥地利では小学校が4年生までなので、日本へ行ったら小学5年生なんだけどね。

この中学4年間で子供達は大きく変貌をとげる。
例えば、女子のほとんどが中学2・3年頃から(早いと1年生から)化粧をし始める。
もちろんマチカも3年生頃から始めましたよ!!
でね、なかには目のまわりを真っ黒に塗りまくっちゃう娘がいるのよねぇ・・・・・本人はクールなつもりなんだろうけどさ。
そして可愛らしい小学生の面影満載で入学した男子も女子も、卒業する頃には大人への階段を少しだけ上り始め・・・・・身体的にも大人顔負け状態となる訳だ!








schultasche


これは、ゼッツが中学用に選んだリュックサック。
工場直営のカバン専門店で買ったので、品質の割にはお値打ちになっていた。
4年間使うものだから、シッカリした物をゲットしないとね。



さて!学校が始まって2週目の火曜日に、やっとこさ時間割をもらってきた。→毎年のことながら、奥地利ってなんて悠長なんでしょ!!
この時間割がスタートするのは来週からだそうで、今週までは合宿やら、遠足やら、教室の飾りつけやらを楽しくやっている模様。
上級生のお母さんによれば、「最初は滅茶苦茶のんびりだけど、授業が始まるとロケットスタート」なのだとか・・・・・。
まぁ、なるようにしかなりませんわね。



以下、1年生が習う科目です。

国語(ドイツ語)、算数、英語が主要科目。
マチカの中学時代にあった能力別クラスが廃止になり、今は二人の先生が教室に入り、授業についていけない生徒のフォローをするのだとか・・・

フライアルバイト(主要科目から出されたその週のノルマを、自分で配分して自分のペースでこなしていく。どの科目にいつ手をつけるかは自由。教室には2名の先生がおり、解らないことは各自質問する)

イタリア語、スロベニア語、音楽が選択科目。(何も選択しなくてもよい)

生物、化学、図工、音楽、体育、宗教、地理がその他の科目。

ということらしい。
まだよく判らないわぁ、新しいシステム・・・・・。


以上がこの一年に勉強する科目なのだが、ノートは一切要らないらしい。
授業ごとにプリントが配られ、そこに記入する形で授業が進められるらしく、やり終わったプリントは学校に置いてある教科ごとのファイルに各自ファイルしていくのだそうだ。
多分一番分厚いファイルが用意されていて、「教科ごとに4年分がファイルできるようになっているので、卒業後見返したいものを容易に見ることができる」とは先生の弁。
確かに!!と思ったものの、ゼッツ卒業後に見返すかなぁ・・・・・
まぁ、リュックサックの中味が軽くなるのは有り難いことではあります。

最後に、ゼッツは列車通学をしているのだけど、列車もバスも通学定期は年間一律19ユーロ。(高校まで)
但し、お休みの日には使えませ~ん!
スポンサーサイト
→続きを読む
【2012/09/20 21:10】 | 幼稚園&学校 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
夏休みへカウントダウン(小学校編)
先月末にゼッツたち最高学年の4年生が、州都へ2泊3日の修学旅行へ行ってきた。
ゼッツは、かなり前から指折り数えて待っていた。

出発当日は我が前山村の駅集合で、引率の先生2名と一緒に列車(単線&電車ではありませぬ)に乗って出発進行。
ほとんどの子供達が機内持込ギリギリOKサイズのコロコロを引いて、見送りのお母さんのほうなど振り向きもせず歩いて行くなか、一人のお母さんがウルウルを通り越して泣いていた。
ワタシともう一人のお母さんだけ少し離れた場所に立っていたのだが、申し訳ないとは思いつつもワタシは肩をヒクヒクさせて笑いをこらえた!
これって、一人目と二人目の違いかしらねぇ。

いくつかのミュージーアムや、世界の観光名所(建物)のミニチュアワールド、爬虫類博物館、城塞、プラネタリウム、湖の観光船乗船、ローカルテレビ局見学などなど盛りだくさんのメニューだった。
「先生が10時まで起きていてもいいって言った」と耳にタコができる位にゼッツに聞かされていた通り、一夜目はマジックショーを見てから部屋で消灯時間までワイワイ過ごし、二夜目は10時まで宿の近くにある大きな公園でボール蹴りをしたらしい。
ついでに蹴ったボールがカナル(カヌーを漕げるほどの水路)に落ちた!というオマケ付き。
先生にカナルに入水禁止令を出されてボールの所有者ジャイアンが泣いていたところ、60才を越えた(ジャイアンによる)婦人がパンツいっちょになり(上半身については知らない)泳いで取ってきてくださったのだと。

さてさて、我々から20ユーロ、ばあちゃんから20ユーロのお小遣いをもらったゼッツは、10ユーロを貯金箱に入れて、30ユーロを持って旅立って行った。
そして持ち帰ったものは・・・・・





KLU1


その1) 州都にある湖に住んでいる(住んでいた?)と言われており、州都の中心にある広場に座って口から水をはいている銅像のミニチュア版。
5,99ユーロって言ってたかな。








KLU2


その2) 初日に歩いて登った城塞の絵葉書。→ピンボケですが・・・・・。
朝から怪しい気な空模様で肌寒く、ジーンズを履いている子もいた中ゼッツにペラペラの半ズボンを履かせたワタシは、「風邪ひかないだろうか・・・・」などどウジウジ考えていたけど大丈夫だったみたい。
その後太陽も顔を出したり、城塞から平地に戻ったところで雨が降ったりしたらしいけど、急いでバスに乗り込み濡れずに済んだんだって。








KLU3


最後に、Bergmuseum(山関係の博物館)で買ったという水晶。
これは5ユーロしなかった覚え。
という訳で、倹約家ゼッツの貯金箱にかなりの金額が入ったものと思われます。




ゼッツは、あと2泊くらいしたかったんだって♪
     
バナー
 
→続きを読む
【2012/07/07 09:48】 | 幼稚園&学校 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
自転車免許試験
ワタシの小学生時代には、小学5・6年生になると希望者は自転車免許の試験を受けることができた。
受かると路上走行がおおっぴらにできた。
平衡感覚が鈍かった(ということだろう)ワタクシ、5年生か6年生になって初めて自転車に乗れるようになったんだよねぇ。
だから試験を受ける間もなく中学生になって、免許無しでも路上走行できることとなった。
土曜日の午後だったか、放課後だったか、運動場で皆が自転車の試験を受けているのを他人事のように横目で見てたなぁ。








rad2


先週、ゼッツの小学校でも自転車免許の試験があった。
奥地利では、大人が一緒なら何歳の子供でも路上走行をしてもよいことになっている。
そして小学4年生の年度末に、自転車免許の試験を受けることとなる。
すでに授業で交通ルールを勉強して、筆記試験は全員クリアー!!
2週間ほど前の夕方お巡りさん立会いでコースを走ってみて(ゼッツはその後3回ばかり◎ちゃんと練習に行って)、この日の実技試験と相成った。

まずはお巡りさんが、自転車の装備(ライト、ベル、前後に電池なしでも光るなにやらが付いているか等)をチェック。
全員ヘルメットをかぶり、アルファベット順にゼッケンを付けて、2分おきに一人づつ出発しての走行。

試験は路上で行われ、各ポイントに二人のお巡りさんとビュルガーマイスター(市長さん・・・・・いや!ここは市ではないので地区長さんだな)が立って、交通規則を守っているかをチェック。
チェックポイントで見学していたお母さんが来て、「エリ(♂)が口笛吹きながらクールに走っていて道順を間違えた。注意されて正しい道順に戻ってからも口笛を吹いていた」と言うのを聞いて、先生ガックシ!!
お母さんが「それ位大丈夫でしょ!!」と言ったところ、先生は「いやぁ、そんなに甘くはないんだ・・・・・」と。



結果どうなったかと言いますと・・・・・まずお巡りさんが先生とあっちのほうでコソコソ話をして、その後エリだけあっちに呼ばれ・・・・・あぁ、一人だけ不合格か?と思っていたら






rad 1


どうやら厳重注意だけで済んだようで、全員合格になりましたぁ!!
エリは大泣きして顔を洗いに行かなくちゃならなかったけど、「やるべき時には、ふざけないで真面目に!!」ってことが判ったことでしょう。
→続きを読む
【2012/06/29 06:39】 | 幼稚園&学校 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
湖~ウォータープロジェクト
学校も年度末が近づくと、課外授業やお楽しみ行事が増えてくる。
ゼッツのクラス(4年生)と3年生のクラスでは、ここのところ州都からエキスパート(?)を招いて何時間もウォータープロジェクトが授業に組み込まれていた模様。
今月に入り最寄りの湖へ出かけるとのことで、いつものごとくペアレンツタクシーの出動と相成った。

生憎の天気だったけど、翌日の天気予報よりはマシとのことで、課外授業ウォータープロジェクト決行。








see3


子供達を4グループに分け、4ヶ所のポイントを順番に巡った。
ゼッツたち4年男子のグループは、最初に釣りを体験!!→ヒットなし・・・・・。








see5


ここでは、釣りのハウツーの説明を受けている4年生女子。
本来ならここでレクチャーを受けてから釣り実体験のところ、ゼッツ等はいきなり実践にいってしまったってことね・・・・・。








see4


「魚を観察してみましょう」コーナー。
このおっちゃん普通の釣り人なんだけど、ボートでやって来て上陸、そのままここのコーナーの担当さんになっていた。
プラスチックの容器の中には、数種類の魚が用意されていた。
私が判ったのは鯉となまず。
子供達は魚を触ったり、つかんだり、水から出したり・・・・・魚クンたちも迷惑なこってした!ご苦労なこってした!!








see6


最後は、「水に入って微生物や小さな生き物を捕まえましょう」コーナー。
ワタシはランニングシャツ、Tシャツ、薄手のパーカーの上に念のために用意していった革のジャケットまで羽織っていたのだが、子供たちよ!寒くないんかい???








see8


因みにゼッツ君が履いているのは海水パンツではなく、ただのパンツです。
こんな天気に水に入る訳がない!と思っていたワタクシ、出かける前に無意識に用意してあった短パンをリュックサックから出してしまったようなのですねぇ・・・・・。
よかったぁ!この日のパンツがトランクスで。
海水パンツに見えるでしょ?
それにね、半ズボンを履いてる皆より濡れなかったのだわさ。


という訳でウォータープロジェクト課外授業は、時々太陽が出たり、雨が降ったりしたけど無事終了致しました。

今週はゼッツたち最高学年の4年生クラスは、州都へ2泊3日の修学旅行へと出かけます。
再来週の最終週は授業は(多分)なく、ゼッツのクラスは安全オリンピックの賞品のゴルフの無料レッスンに行ったり、以前ゼッツがおお泣きした水泳の試験があったりする予定です。





今年は15分間泳ぎ続けることができるだろうか???
祈っていてくださいませ!!
    
バナー
 
→続きを読む
【2012/06/25 07:15】 | 幼稚園&学校 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
安全オリンピック
奥地利全体なのか、ここの州だけなのか知らないが、小学4年生のこの時期になると Sicherheitsolympiade(直訳 : 安全オリンピック)なる行事がある。
ここの州は10の地域に分けられているが、今日は我々の地域で「安全オリンピック」が開催されたので、ワタシも見学に行ってきた。

学校対抗でいくつかのゲームで競い、1等賞になった小学校が州大会に勝ち進む!!





sicherheitsolympiade 4


開会式ぃ!!を前に出場者整列。
5色だか6色だか色違いのTシャツと野球帽が用意されており、全部で12の学校が出場。
我等が地域の小学校は10校らしく(子供の数が減って、数校閉鎖されたからなぁ・・・・・)、2校は山の向こう側のイタリアの小学校が招待されて参加していた。
国境の州ならではですなぁ。





sicherheitsolympiade 1


オリンピックですから、各小学校から1人づつが旗を持って入場!!
ゼッツたちは、紫色のTシャツだった。
マチカたちは黄色だったけど、未だに時々パジャマとして登場するくらいにビッグなサイズのものが支給された。
まぁね、ちゃんとTシャツとして着れちゃうくらいに大きな小学4年生もいるからねぇ。
ゼッツなんか、「これって、ワンピースですか?」ってな格好になってたけど・・・・・。





sicherheitsolympiade 3


オリンピックですから、聖火入場!!
夏の夜に外に座っておしゃべりする時などに火をつけて立てておく竹素材のタイマツ(?)だった。





sicherheitsolympiade 2


オリンピック旗もたなびき、聖火も点火されて、オリンピックが開始された。
一番左にあるのは上手くカムフラージュされたはしごで、聖火ランナーウォーカーがはしごを数段上って点火したのだった。





sicherheitsolympiade 5


安全オリンピックですから、各学校から一人づつ出て心臓マッサージ&マウス to マウスに挑戦。
赤十字のおじさん、お兄さんのデモンストレーションを見てからトライ。
手袋をして、マウス to マウスの際はビニールを間に置くって・・・・・知らなかった。
スティンアライブの音楽に合わせて押してましたねぇ。
かなりハードなようですが、これは競技ではなく得点なしでした。






sicherheitsolympiade 6-1


どの競技も2チーム対抗戦。
最初のゲームは各チームの一人がサイコロを振り、その他の生徒が司会者が読む安全に関する問題に答えるというもの。
ゼッツがサイコロを振りました。
そして最高得点確保!!





sicherheitsolympiade 7


お次は、一人がスタート地点からクネクネ自転車を運転しながら、中間地点にいる仲間の伝達事項をゴールまで運ぶというもの。
これも最高得点ゲット!!
自転車が障害物を全部クリアーしたかどうかとチェックしてくれたのはポリスマンとポリスウーマン。





sicherheitsolympiade 8


競技の合間には、救助犬たちが日頃の訓練の成果を披露。
訓練士さんたちのユニフォームは赤十字のユニフォームだけど、ズボンに付いているポケットの中にはご褒美が入っていた。





sicherheitsolympiade 9


3つめの競技には、消防士さんたちが立会い。
バケツ1杯分の水が入ったポンプを二人がこぎ(?)、一人がホースで水を穴を狙い・・・・・





sicherheitsolympiade 10


一人(ゼッツ)が裏で、出てくる水がバケツに入るように番をする&たまった水を司会者のところまで運ぶ。
あははぁ・・・・・ゼッツってば、いつもながら地味な役回りばっかだぁ。





sicherheitsolympiade 11


最後の競技は9人が9個の大きなサイコロを取りに走り、積み上げてパズルのように絵を完成させるというもの。






sicherheitsolympiade 12


我々の課題は「火」ですね・・・・・すっごく速く完成させたのである!!
やったぁ!! この時点で2位だったのよね。
この後2点違いでトップを行く小学校の競技があり、彼らも最高得点をゲットしたため、結果は2等賞に終わった。
みんなガッカリ・・・・・しばらくはね。





sicherheitsolympiade 13-1


だけど、最後はにっこり記念写真。
2等賞のトロフィーと、クラス全員ゴルフの体験レッスンをご褒美にもらいましたぁ。
よかった!よかった!!


しっかし・・・・・4時間太陽の下にいたら(見学してただけだけど)滅茶苦茶疲れて、午後座ったままで船を漕いでしまったわ・・・・・。
→続きを読む
【2012/05/09 21:37】 | 幼稚園&学校 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。