スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
誕生日会
この度ゼッツが、マリ君の誕生日会に招待されて行ってまいりました。
なんと!お泊り付きの誕生日会でございました。
すごいなぁ。
ワタシは絶対にできないわ、少年数名をお泊りさせるなんて・・・・・体力的にも、精神的にも・・・・・。

招待状に記された持ち物は、着替え、長靴、洗面用具、寝袋、ヘルメット等。
そこのお宅、よく言えばアーリーアメリカン仕様的な感。
庭はものすごく広くて、羊が何頭もいるは、小屋がふたつばかりあっちとこっちにあるは、大きな砂場から、でっかいトランポリンから・・・・・ついでに壊れかけた車が置いてあったり・・・・・。
芝刈りなんて、トラクターなくては不可能な程です。
ともあれ、子供たちにしたらパラダイス!!
もちろん寝袋で寝たのは、庭にある小屋の中ね。
夜にはキャンプファイヤーもしたみたいです。






kakashi


そこのママさん、子供たちとの接し方も上手く、工作もお手の物。
その日ゼッツが持ち帰ったのは、お手製のカカシ。
頭が重くて不安定なので、畑には立てられず、花壇の見張り番と化しました。






子供の頃に、こんな誕生日会に行ってみたかったよね。
今日もポチッ!とよろしく。
    
バナー
 
スポンサーサイト
【2013/06/08 07:30】 | マチカワールド・ゼッツワールド | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
一足早い贈り物
皆はいつ頃までサンタさんの存在を信じていたのかなぁ?
ワタシ?覚えてない・・・・・。
唯一覚えているクリスマスプレゼントの記憶は、朝起きたら実家の店で使っていた昔ながらの茶色の紙袋が枕元にあったこと。←今見るとレトロでかえってお洒落かも!
しかし当時としてはダサい紙袋で、しかも自分とこの店で使ってる紙袋にプレゼントが入っていたのに、何の疑問も抱かなかったなぁ・・・・・。
これ!多分小学5・6年生の頃のこと。
中味は薄いピンクのカットソーに、紺色のウエストがゴムのパンツずぼん。

なんでこんなこと覚えていたんだろう???
もしかしたら、母親の気まぐれでたった一回だけもらえたクリスマスプレゼントだったのかもねぇ。
っつか、新年に向けてのおニューの衣類が必要だったのを、クリスマスプレゼントにしてみたんだろうけど!

ゼッツはすでにクリストキント(子供時代のキリスト。奥地利ではクリストキントがクリスマスイブにプレゼントを持ってきてくれることになっている)の存在を信じていないのである。
そして今年は大胆にも、「皆から仲間で(皆でお金を出し合って)卓上サッカーが欲しいなぁ。いい?」と言ってきた。
正確には「今度の誕生日に!」ってことだったけど、「半年早く買っても遅くても、遊ばなくなる時期は多分同じではないか?」と思ったワタシの意見でクリスマスプレゼントとすることに!

ゼッツたちは学校が終わると列車(電車ではありません!)が来るまでの時間を、駅の建物内にあるホルト(学童みたいなもので、学校がはける時間から数時間オープン)で過ごすのだが、ゼッツは今そこにある卓上サッカーが面白くてしょうがないらしい。
多分、家で腕をみがいて友達と対決したいのだろうと思われる。








Tischfussball2


先週末に○ちゃんとゼッツがトイザラスでゲットしてきた卓上サッカー。
ゼッツの部屋のフリースペースがほとんどなくなった!

卓上サッカー以外にもいくつかのゲームを楽しめるらしく、向こう側ベッドの上に置いてある板も付属品。








Tischfussball3


サッカー部分を持ち上げて取り外すと、まずはビリヤードが登場!!
ゼッツお気に入りのテレビ番組Schlag den Raab(一般挑戦者がRaab氏と様々な勝負をして、賞金をゲットするというもので「Raab氏をやっつけろ!!」って意味)でもビリヤードが登場するので、頑張って上手になりたいらしい。








Tischfussball1


「ちょっと上に行ってくる」と姿を消したかと思うと、自分の部屋で練習に励んでいます。
おかげで、テレビの前に座る時間が減ったかも。








Tischfussball 4


ビリヤードの台の中にスッポリはまる板は、ゲームセンターにもあるこのゲーム。
滑り悪いんだけどね・・・・・。








Tischfussball 5


ビリヤード台の上に板をおいて、チェスだとバックギャモンだのもできるんだってさ。
うーん、この台の上でこの手のゲームをさせる意図がわからない・・・・・「これ1台でこんなに何種類ものゲームで遊べるんですよ!」というのを売りにしたかったのだろう。








Tischfussball 6


板を裏返すとコレ!
永遠に勝負がつかない三つ並べと・・・・・左側のゲーム、何なのか知らないんですけどぉ!








Tischfussball 7


その他の付属品大集合!!
この小さな台の上で卓球やれってか?!→階下の居間にいたら、天井に響いて座ってられないと思われる。
その他のゲームも、キッチンのテーブルの上でやることになるだろう。

それはさておき、卓上サッカーとビリヤードに大満足のゼッツです。
サプライズのプレゼントも的をはずさなければ楽しいけれど、細々したものを用意するより、今回はドーン!と1個のプレゼントで大正解だったと思っています。
→続きを読む
【2012/12/10 11:39】 | マチカワールド・ゼッツワールド | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
来年の夏まで・・・・・
木曜日にマチカと電車で首都まで行った。(所要時間4時間強)
金曜日の復路はワタシ一人だった・・・・・。

空港前ホテルを予約してあったので、国鉄の終点から空港まではシャトルバスを利用。
バス乗り場を見つけるまでにものすごい時間を費やしてしまったが、荷物が多い時に地下鉄を乗り継いで、またまた国鉄に乗り継いで・・・・・って面倒くさいもんね。


 




L-L 3


しかし夕方「空港で夕食を食べたくない」というマチカの一言で、CAT(空港直行電車)を使って市内へ。
首都到着直後には、空港直行のシャトルバスを使ってよかったぁ!!
市内のCAT発着駅が工事中のなか、地下鉄とCATを乗り継いで向かったならば、なが~いセメントむき出しの通路をガタガタとスーツケースを転がさねばならないところだった。
帰り道くら~い通路を歩きながら、マチカと「一人だったら怖いよねぇ」と早足で歩いたし!








L-L 4


空港に戻ったところで、マチカの「メッキー(マクドナルド)で何か飲んでもいい?」の一言に、「いいよ」とワタシ・・・・・お腹いっぱいだったんだけどねぇ。
マチカはホワイトチョコレート、ワタシはキャラメルマキアートで、ケーキは半分こ。
でもね・・・・・マチカは全部飲みきれず、ケーキも全部食べ切れなかった。
まっ、いいか!!最後の夜だもんね。








L-L 2


そして翌金曜日、マチカは6人の同士と一緒にスペインへと飛んでいった。
一度も振り返ることなく、同士とおしゃべりしながらすっごく楽しそうにあちら側へと消えていった。
ワタシは結構感傷にひたってしまい、そうだ!写真を撮らなきゃ!!と思ったときにはマチカの姿はとらえられなかった。

6人のうち2人とは、どうやらそんなに遠くない町に滞在するらしい。
ホームシックを感じたときには連絡を取るくらいに、つかず離れずの関係でいられたらよいのかも。

その後ワタシは再びCATで市内へと戻り、友人をお昼の休憩時間に呼び出し、Hotel de Franceの建物内にある大八にてお寿司を食べて帰途についたのであった。
それくらいのオマケがないとねぇ。








L-L 5


国鉄駅で帰りの電車を待っていたら、あっちのホームにロシア鉄道の車両が入ってきた!→初めて見た。
当たり前だが寝台車だった。




 



L-L 6


どうやら、モスクワ・ニース間を走る電車らしい。
ワタシはといえば、ワルシャワから来たらしきポーランド鉄道の車両で帰ってきた。
往路は奥地利国鉄の新しく導入された車両で快適だったので、帰りも狙っていたんだけどねぇ・・・・・ワルシャワ・奥地利間を走っている車両はワタシが極力さけているコンパートメント座席なのだなぁ。

→続きを読む
【2012/09/08 20:50】 | マチカワールド・ゼッツワールド | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
誕生日会
ゼッツの誕生日会が終わった。
昨年からゼッツの誕生日会は、ボーリング&マクドナルトのセットで定着してきた。

以前はね、子供の誕生日会に映画を観に連れて行ったりしている人達を横目で見ながら、「ワタシは絶対にあんなことはしないぞ。」と思っていたのよね。
マチカの誕生日会は、ずーっと自宅で済ませてきたしさ!

しか~し!!男子5-6人を自宅によぶと・・・・・ものすご~く疲れるのだ。
一昨年までは、なんとか天気に恵まれたこともあってうまく切り抜けたけど、昨年は「雨が降ったら・・・・・」と一抹の不安がよぎった。
そして○ちゃんに、「自宅ではやめようよ!」と提案。→◎ちゃんも同意。

昨年はボーリングへ出発前に自宅で誕生日ケーキだけは食べたけど、今年はそれも無し!!→大正解。
ちなみに、昨年も今年もお天気には恵まれんかったのよねぇ。








ということで、投球順にこの日のメンバーをご紹介



bowling6


超パワフルで超元気なジャイアン
同じ村に住み、新築の家が住める状態になるまで我が家の隣りのドイツ人の別宅を借りて住んでいたので、ゼッツとは幼なじみ。
しかし隣りに並ぶと、2才くらい違うんじゃない?ってくらいでかい。
ガーター防止のガードも要らないんでないかい?って感じだった。








bowling4


やっぱり同じ村に住むトビ
背丈はゼッツと同じくらいだけど、ゼッツよりも更に一回り細い!!
しかし!口だけは非常によくまわる。←お母さん似。








bowling1


ゼッツ。投球フォームは素晴らしい!!スコアは・・・・・内緒。








bowling3


ゼッツの同級生のエリNo.1の弟君でマリ
いつも二人の家によんでもらって一緒に遊んでいるので、エリNo.1マリはセットなのだな。
マリは来年度4年生になるのだけど、1・2年生かな?ってくらいに小さくて可愛い。
でも、ものすごーく元気!!

ボーリングの球は、この後バウンドして隣りのレーンでガーターを出してしまった。








bowling5


これがお兄ちゃんのエリNo.1
彼もガッシリしていて、性格のほうもシッカリしている。
同じDNAなのに、この体格の差はなに???








bowling2


こちら、エリNo.2
彼は小学1-3年生と通った学校が閉校となり(同級生は彼を含めて2人だったのだそう)、4年生だけゼッツたちの学校に通った。

我々は2ゲームで十分だろうよ、と思っていたけど「もう1ゲーム」コールが連呼されて3ゲームになった。
この後、恒例のマクドナルドへ。
オマケ付きのハッピーミール希望者約3名、ビッグマック希望者約3名。←ボーリング場で注文を聞いておいてよかったぁ!!
いつ行ってもレジの前は長蛇の列なんだよねぇ・・・・・。

ということで、子供達を家まで送り届けてお役御免!




来年もするのかなぁ?誕生日会・・・
    
バナー
 
→続きを読む
【2012/08/01 12:02】 | マチカワールド・ゼッツワールド | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
習い事納め
小学2・3年とゼッツが習ったアコーデオンだったけど、「もうやりたくない」と今年度からはやめてしまった。
習い始めて2年目の空手は、来年度も通い続ける予定である。








karate1


高速を使って片道車で約30分とちょっと遠いけど、日本の空手をやってくれるなら!と友達のお母さんと交代で送迎すること早2年。
ゼッツも友達のフローも現在オレンジ帯
前回の里帰り時には、スポーツ店で「ゼッツ」と漢字で名前を入れてもらった。→モチベーション更にアップ!
先生は茶色帯のバルバラ。
やっぱり生徒とは、腰の落とし方が違いますかね?








今年度最後の練習が終わったあとは、お約束通り我々とフロー母子でお食事に!!
その前に!!ここの州にあるいくつものアトラクションが無料になる「Kカード」をゼッツ用に買うため、ショッピングモールへ寄り道ぃ。
村のプールも無料になるので、余裕で元が取れる算段なのだ!



karate2


ワタシが手続きしているあいだ、カウンターのすぐ後ろにある州全体の(だろう)上空写真が床になっている「お子ちゃまは、ここで走り回ってください」コーナーで自分家を探す約3名。
3名の手前、細長い湖(約20km)の右横にある物体は、非常に大きなスリッパであります。
これはお父さん、お母さんが靴を履いたままで履くスリッパなんだけど、靴をぬげばいいことでしょ!と思うのはワタシだけ?
だってさ、いつもあっちゃこっちゃに出しっぱなしになってるんだよ!
絶対に企画ミス。

それはさておき、この後我々4名は中国人経営のビュッフェレストランで、寿司、奥地利風中華、鉄板焼を食べて空手教室の〆としましたとさ。

→続きを読む
【2012/07/11 09:51】 | マチカワールド・ゼッツワールド | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。