庭の古顔・新顔
flieda


今年も咲きました、ライラック
この冬、水分をたくさん含んだ重い雪が長いことのっかっていたため、半分ほどの枝がしなったままになってしまった。
この後バーベキュー用グリルの前に垂れ下がったこの部分は、○ちゃんによりチェーンソーであっという間に切り落とされてしまいました。
明後日今年一発目のバーベキューの予定なので・・・・・。
時間差1時間でこの写真を撮ったのは、虫の知らせってやつかしらねぇ。





kokia


これは、来月になったら庭に植える予定のコキア
写真のように(↑上のオレンジ文字のコキアをクリックしてみてくださいませ)育って、秋にはピンクに紅葉してくれることを祈る! 





murasakishikibu

そして、小夏さんとよしちゃんから分けてもらったムラサキシキブを蒔いた場所。
蒔いた場所がわからなくならないように、ヨーグルトの容器の底を切り取った中に蒔いてみました
5ヶ所ばかりにヨーグルトの容器を設置してみたけど、「ん?もしかしたら、もしかする?」ってな感触があるのは、今のところこの容器だけ。
違うのかなぁ






今日もポチッ!とよろしく。ついでに彼岸花も芽を出すことを祈っててくださいまし。
    
バナー
 

ムラサキシキブ
【2013/05/22 07:15】 | ひとり言(雑談) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
木々
これ、な~んだ?



bodaiju


正解は、マチカが小さい時に、じいちゃんがチェーンソーで切ってしまった菩提樹のあった場所。
まずは切り株が腐って消え去り、どうやら根っこも土にかえったようで、地面の中には大きな穴が!
で、◎ちゃんが刈った芝を山盛りにしておくのです。
何度目かの冬を越した今も、まだ穴は埋まりきらないようで・・・・・。





sakura


ぽろ亭の屋根より高く育った菩提樹がつくる木陰の気持ちよさが忘れられず、一昨秋に植えた日本の桜がこれ!
今年もをつけてくれないのかなぁ。
Kuraさん家にある同じも、Pupiさん宅のしだれ桜も植えた翌春には咲いたというのに・・・・・。





mirabel


こちらは、名ばかりのぽろ亭果樹園(プラムの木数本しかない!)を、少しでも拡張しようと植えたミラベル
一昨秋にぽろ亭専属庭師(!)のファルヒャーさんに貰って食べたミラベルの種から育てた苗でっす!





momo


最後に、義弟の彼女にもらった商品券で買ったミニ桃の木。
短いワタシの足よりも丈が低いミニです。
冬を越せるか?という懸念はあったものの、水遣りが面倒くさくて庭に植えてしまいました。
無事越冬できてよかった♪
実をつけてくれたら、尚よろし!





ぽちっ!とよろしく。
    
バナー
 
【2013/05/08 16:45】 | ひとり言(雑談) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明日天気にな~れ!!
今週はぐずつき模様の天気が続いています。





regentonne


◎ちゃんが納屋の2階から(と思う)引っ張り出してきた雨水溜めも、満杯になりました。
花壇や畑の水やりに使います!
って、畑はまだ耕しただけで、何も植わってないんだけどね。





zitronenmlisse


そんな畑で頑張っているのが、勝手に出てきてくれたツィトローネンメリッセ。
ツィトローネ(Zitrone)はレモンのことで、この葉っぱ、柑橘系の優しい匂いがします。





´tanpopo


食べごろのタンポポの葉。
蕾がつく前の柔らかい葉っぱを集めて、サラダにして食べます♪





そろそろ種まきしないとな・・・・・。
ぽちっ!とよろしく。
    
バナー
 
【2013/05/02 18:17】 | ひとり言(雑談) | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ベニスから届いた海の恵み
ベニスの離島在住のニコちゃん一家は、一年に数回奥地利へと足をのばされる。
彼らが足をのばす奥地利というのが、奇特なことに毎回この辺り!
どうやら、ぽろ亭から車で約30分の所にあるモールがダーリンのお気に入りらしい。
今回のお宿がモールまで歩いていける距離なのだそうで、超テンション高かったご様子。

そんなニコちゃん一家が、ベニスの海の香りを運んできてくれた!!
ダーリンの業務終了後に出発し、お疲れのダーリンに無理矢理途中停車を強いて、寒い戸外(とあるスーパーの駐車場ね)での受け渡し。
申し訳ないわぁ・・・・・でもワタシが新鮮な魚を食べるために(なんて自己ちゅー!!)ご好意に甘えてしまったわん。




それでは、とくとご覧あれ!!



Fische 1


まずは手長海老=スカンピってやつですか?
家を出る直前に炊飯器のスイッチを入れておき(絶対スイッチを入れ忘れないように、バッグの上に”ご飯!”と書いたメモ用紙を配置!という気合の入れよう)、帰宅後○ちゃんとワサビ醤油で頂きました!
この写真、すでに数匹たべてしまってからのもの。
当然のことながら、そのまま全部食べつくしてしまいましたよ。








Fische 2

そして頭は味噌汁用に小分けして冷凍。









Fische 4

小さな鯛。刺身でもいけるけど、これは調理用









Fische 5


でもって、こちらは刺身用。
ニコちゃんが魚屋さんに下ごしらえしてもらう様に、前日注文しておいてくれたのよぉ!!
これも(全部じゃないけど)手長海老と同じくワサビ醤油で舌鼓を打たせて頂きました。








Fische 3


マテ貝。→初めての出会い。
まだ生きていたんですよっ!
刺身で食べた残りは冷凍して、後ほどグリルすることに。








Fische 6


こちらも初めてお目にかかったシャコの全体像。
「今日のは(魚屋さんの店先で)動いてなかったから(生きてなかったから)・・・」とのことで、これも調理用。








Fische 7


グリル用のイカたち。→処理してもらったイカスミの色がうっすら!
この次はスミが付いたままのをお願いしようかなぁ・・・・・それとも、スミだけ買うこともできるのかなぁ
聞いてみよっと!!








Fische 8


そしてサーモン3切れ。
気前よくカットしてあって、計ってみたら3切れで856gでした!!








Fische 9


最後に小さめのサバ。
これはワタシの「塩振って焼いたら、ご飯と食べられそうな魚」というリクエストに応えて頂いたもの。


一応希望だけは述べておいて、最終的にはその日の魚屋さんの品揃えを見て選択はお任せ!!ってことだったのだ。
ニコちゃんに、「買いすぎちゃった?」なんて言われたけど、とんでもなくウェルカム。
言っちゃおうかなぁ・・・・・これで〆て60ユーロなんですよぉ。破格!!




ニコちゃん一家、翌日は朝からモールでフィーバーしたらしく(←主にダーリン)夕方は家族でぐったりしていたとか
よければクリックしていってくださいね♪
    
バナー

【2012/11/13 11:09】 | ひとり言(雑談) | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
ケラッグの知恵袋
在イタリアの方々が読んだら、「えーっ、有り得ない!」と言われそうですが・・・・





数年前のことになるけど・・・・・ある日Kuraさん宅でお昼ご飯をご馳走になった。
腕自慢の彼女は、我々だけで集まるときには中華だの和食だのをご馳走してくれていた。くれます。
でもその日はマチカとゼッツが一緒だったので、特に和食や中華が苦手なマチカのために、この日はスパゲティーを用意していてくれました。

でてきた麺をすするとスパゲティーを口に運んでみたならば!アルデンテ。→さすが!!
もちろん声にしてみました。
そしたら一緒にテーブルを囲んでいたKuraさんとこのダーリンがブッ!!と笑い、お口の中のものを・・・・・いえ!笑われただけでした。
Kuraパパってば、我々が話している日本語を結構解ってしまうのよねぇ。→多分50%くらい。
食べ物の話くらいならいいけど、あまり聞かれたくない話題のときは要用心!
 
で、Kuraパパが笑った訳は・・・・・Kuraさん曰く、湯が沸騰した鍋にスパゲティを入れてくっつかないようにかき混ぜたら蓋をしてコンロのスイッチを切る!!
最初のうちは噴き出すのでしばらくは鍋につきっきりになるけど、そのまま(蓋をしてから)10分待つと茹で上がりなんですと!

これね、ケラッグという我が州の電気会社(中部電力とか、東京電力ってとこですな)からの入れ知恵なんです。
そこの冊子を時々広告と一緒にポストマンが持ってくるのだけど(奥地利では広告は新聞にはさんで配達されるのではなく、郵便でやって来る)、いつだかの冊子に「スパゲティの茹で方(電気を節約)」として載っていたとのこと。

以前は電力最大にして、蓋もせずにグツグツ茹でていたKuraさんも、以来この知恵袋のお世話になっているのだと。
ワタシも試してみたら→ナイス!!
ガスコンロでは不可だけど、電気コンロをお持ちのお方は一度お試しあれ!!
→続きを読む
【2012/11/09 11:10】 | ひとり言(雑談) | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム | 次ページ