スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
洞窟セラピー中間レポート
先日威張って報告した洞窟セラピーでしたが、その後マチカ以外の家族全員が順番に寝込み、エネルギー休暇にはマチカとスキー場通いしているうちに、セラピーの為の保険有効期限が切れてしまいました。
それについてはセラピストさんが興奮して電話してきたので、もう一度ホームドクターに書類を出してもらい、地区のChefarzt(シェフドクター)に判子を押してもらい、新たに今週からセラピーに通い始めました。

初めてのセラピーでは、セラピストさんの「(手がすいたら)本を持ってきてあげるね」という言葉に、ずーっと!ずーっと!本を待ち続けて、待ちきれずに寝入ってしまったゼッツでした。
寝て、ふか~く呼吸をするのが一番セラピーにはよいみたいです。

でもね、今回は手ごわい!
まったく寝る様子なし!
私は気持ちよーく眠りたいのに、隣りの椅子から手を伸ばしてポンポンと私の腕を叩き、「ねぇ、いつ起きるの?」を連発
2日目は、本を持って行った。
3日目は、塗り絵も持って行った。
全部空振り!!

セラピー、全部で18回なんですけど・・・・・。
これから、どうしましょ!!



先日威張って報告した洞窟セラピーについては、こちらをご参照あれ→ 元炭鉱の町でセラピー/ 行ってきました!
スキー場通いについてはこちらを→スキー教室~ゲレンデまでの道のり / マチカのスキー教室
スポンサーサイト
→続きを読む
【2008/02/28 20:15】 | 日々の暮らしのなかから | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
マチカのスキー教室
スキー教室については、○ちゃんが事前に電話で問い合わせをしてくれました。
10時15分教室開始で、当日申し込みをすればOK!とのことだったので、時間に余裕を持って出かけたのですよ。
しか~し!バスを降りてチケットを買って来たならば、ゴンドラ待ちの大行列!
ゴンドラにたどり着くまでに約30分、ゴンドラに乗ってからは15分。
教室開始時間には間に合いませんでしたが、マチカは初心者グループの練習場へと案内してもらいました。
お子ちゃま初心者は幼稚園児ばかりなので、大人のグループに入ることになりました。





スキー教室3

こちらは、スキー教室参加者の集合場所。
2日目からは、毎朝ここで先生を待ちました。
雪の上に座っている3人、左から奥地利×日本代表マチカ、真ん中はドイツ代表カリーナ、右はフランス代表のおばさん
3人の後ろに見える看板が、初心者の集合場所でした。
その右側に3本だか4本だか立っている看板には、各グループの先生の名前が貼ってあり、自分の先生の名前の所に集合します。
この看板、約20本ほど立っていたかと思います。
この写真を撮ったときは集合時間の少し前だったので閑散としていますが、集合時間ともなるとドンドン参加者が集まってきて「全校集会?」みたいな感じでした。





スキー教室1

初日、2日目と、マチカたちのグループが練習していた場所です。
ご覧のとおり限りなく平面に近い斜面です。
ここを横向きにエッチラオッチラ登り、ほんの数メートルを滑る練習ばかりしてました。
初日はたくさん着せすぎたうえに、慣れないスキーを履いて(一応)斜面を自力で登らねばならなかった為、教室が終わると汗ダクになっていました。
2日目からは、下ジャツ、タートルのカットソー、そして内側にフリースの付いたペラペラのジャケットのみに変更!
それでも2日目は、全員が最初からジャケットをぬいでエッチラオッチラやってました。

初心者グループは、マチカ、カローラ、ドイツ語を話すおばさん以外は全員イギリス人
本当にイギリス人の多い週でした。
先生は、マチカにも理解可能なレベルの英語のみで指導していたそうです。
口の悪い地元スキーヤーが「滑りに行くなら8時から2時間。その後はイギリス人ばっかだからな」と言うくらいの大人数&あまり滑れない人が多いみたいです。
マチカのグループにも並外れて下手な人がいたようで、皆の練習も滞ってしまっていた様子。




それでも3日目には、やっとリフトに乗ってそれなりの斜面をあがっていきました。
マチカたちが使ったリフトと同じ種類なのがこちら。



スキー教室9

テラー(皿)リフトと言います。
皿のようになった丸い部分を股にはさんで、皿の部分にお尻に当るようにします。
写真の彼は斜面を登りきって、リフトから降りるところですが、黒い皿の部分が見えるでしょうか?

私も一度だけ半日リフト券を買って、ここの斜面を滑りました。→何年ぶりだ!
ボーゲンで、ゆ~っくりね!
→続きを読む
【2008/02/25 00:22】 | 日々の暮らしのなかから | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
スキー教室~ゲレンデまでの道のり
風邪をこじらせたり、回復したり、ぶり返したりで、2週間ばかり自宅療養(!)していたゼッツが、やっと今週から幼稚園に復帰しました。
と思ったら、今週はエネルギー休暇でマチカがお休み。
いつもなら家でゴロゴロ過ごしてしまう1週間ですが、今年は母子でフル回転してみました。

再来週マチカの学年は、「Schitage」(直訳:ski days)と称して、日帰りで週日スキーに出かけることになっています。
この辺りでは小さい頃からスキーを始める子供が多いので、憎たらしいほどにスイスイ滑るガキンチョも珍しくありません。
でも我が家にはダウンヒルスキーをする者がおらず、マチカもゼッツもスキー慣れしていません。
Schitageでも、初心者グループに入るのはわかっています・・・・・運動神経にぶいほうだし。
それでも、事前に少しでも感覚をつかんでくれたらと、エネルギー休暇を利用してマチカをスキー教室へ入れることにしました。
本人、全然乗り気じゃなかったんですけどね。

私ですか?
私は一緒に行って、ボーっと待ってることに・・・・・。
→続きを読む
【2008/02/24 00:00】 | 日々の暮らしのなかから | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
オークションに初入札
ワタクシ、この度初めてオークションなるものに入札してみました。
今までも「やってみようか、どうしよう!!」と思ったことはあったのですが、重い腰をあげられずにいたのです。


このたび入札したお品はこちら






二部式着物オークション



二部式着物と申します。


→続きを読む
【2008/02/21 23:39】 | ひとり言(雑談) | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
誕生日会でカーニバルのやり直し
ゼッツが初めてお友達の誕生日会に招待されました。
もっと小さい頃に招待されたことはあるのですが、それは友達によんでもらったと言うより、友達のママに招待してもらったんですものね。

ここ2週間ゼッツは幼稚園をお休みしていたので、一昨日招待の電話をもらいました。
「今年は風邪が流行りまくって、カーニバルも何もなかったので、仮装してきてね!」とのこと。

ゼッツが「インディアンになりたい」と言うので、当日の午前にお店へ行ってきました。
スーパーとか大きなお店ではなく個人商店へ行って、頭にする羽根の飾りをゲット!
大きなお店だと、もうカーニバル用品は倉庫に行ってて、絶対に出してきてくれないだろう・・・・・。




パーティーはこんな感じで始まりました。





トビアスの誕生日会1

誕生日ケーキを囲んで。
左からてんとう虫のゆりあ、海賊のトビ、インディアンのセビ、インディアンのゼッツ、魔女のダニ。
今日は、普段はありえないコーラお子様用シャンパンも用意してありました。
先日初めてコーラの味を知ったゼッツは、シャンパンになど目もくれずコーラばっかり飲んでました。





トビアスの誕生日会2

ダニと同じく魔女になっていたお母さん。
彼女好きなのよねぇ、こういうの!
→続きを読む
【2008/02/18 00:00】 | 家族について | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
ピアス
今日は最寄りのモールへ行くことにしていました。

そしたら・・・・・マチカの耳が大変なことになっていたのです。
ピアスの穴から大量に膿が出てきて、それがカラカラに乾いていました。
ピアスの飾り部分なんて、まったく見えません。

昨日マチカが、「膿が出てるけど、ピアスをはずしたほうがいい?」と聞いてきたときに、「今はずすと穴が埋まっちゃうから、消毒しておこう」と言ったのは、わ・た・し。
なんたってマチカは、体育の時間にピアスをはずしてそのまま付けないでいたら、1週間で穴が埋まってしまったという経歴の持ち主。
再び穴が埋まったら、また穴を開けねばならぬ・・・と思ってしまったのですよ。

でも、それは大きなミステイクでした。

カラカラに乾いた膿を取り除くと、そこにあったのは穴だけだったんです。
ピアスの飾り部分が穴に入ってしまっていると言うか、肉の中に埋まってしまっていると言うか・・・・・。

今日は土曜日なので、当番のドクターをさがして行ってきましたよ。
マチカには○ちゃんが付き添って行くと言うので、私とゼッツはその間に用を足していました。
合流した時、マチカの耳からピアスは消えておりました。
ホッ!としたのもつかの間。
穴には薬が!耳たぶにはが!

話を聞けば・・・・・ピアスを前から取り出せなくて、耳の裏っかわから引っぱり出したってぇ!
しかも、飾り部分は○とかじゃないんです。
見てください!!


ピアス2 ピアス1


こんな形のピアスを、耳の後ろからひっぱり出したんですよ

今日から5日間抗生物質を服用して、穴が埋まるまで塗り薬を欠かさないようにとのこと。
しばらくは、ピアスとはお別れです。
非常に痛かったらしく、マチカも懲りたみたいです。
今の学校に通う間はさせないと思います。

ごめんね・・・・・。

→続きを読む
【2008/02/17 05:35】 | 家族について | トラックバック(0) | コメント(11) | page top↑
ハム作り
今年もハム作りが始まりました。
この辺りでは、自家製ハムがイースターのご馳走です。
最近では肉屋さんに前以て注文しておく人達も多いようですが、我が家ではこの時期になるとハムを作っておいて、イースター用に冷凍します。
でも今年はイースターが早く3月上旬なので、冷凍するまでもないかな。


ハムづくりは、肉の仕入れから。
○ちゃんとばあちゃんが、肉屋さんへ行ってきました。
卸売りもしている肉屋さんなので、スーパーで売っているような少量では購入できません。





自家製ハム1

二人がゲットしてきたのは、こちらの2枚。






自家製ハム2

上の肉を、○ちゃんがばあちゃんの指示に従い切り分けました。
それぞれの肉に、自家製ソーセージ作りにも使用したPoekelsalzをたっぷりまぶして一日置きます。(こちらをご参照ください。→自家製ソーセージ作り
一緒に買ってきたスペアリブも同じように処理します。





自家製ハム3

上の肉にマリネ液を注いで重石をして、埃が入らないよう布をかぶせて約2-3週間置きます。
マリネ液を注いでから数日たった写真です。
すでに液が濁ってきていますね。
今日で丁度2週間マリネ液に漬かっていることになるので、あと2・3日置いてから燻します。





自家製ハム4

7-8日燻すと、こんな感じでできあがります。
毎日煙にあてることもあれば、一日おきに燻すこともあるし、一日中燻している訳ではありません。


これで今年も、イースターを美味しく過ごせるかな。




クリックよろしくお願いします!
     ↓
バナー

【2008/02/15 20:47】 | 料理 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
宝の宝庫か?ゴミの山か?
我が家の庭には、デン!と納屋が建っています。
以前は家畜を飼っていたこともあるそうですが、今はうちのお馬鹿な猫達が(隣りの図々しい猫までも!)我が物顔に出入りしております。
そこには、本当に色々なものが突っ込んであります。





納屋6

雪も積もっていないのに地面がこんなに綺麗になった日にゃ、外も寒いけど、納屋はもーっと寒くなります。
作業場には色々な機械が置いてあって、トールペイント用の木でも切りましょうかね・・・・・なんて思っても、しばらく中にいると骨の髄まで冷え切ります。
言ってみれば、大きな冷凍庫?





納屋5

春から秋にかけて活躍する自転車も、今は天井から吊るしてあります。
これもね、自分家のだけじゃないんですよ!
ベルリンにいる親戚のような、そうではないような家族の自転車がもう何年もぶらさがったままなんです。

一番左に吊るしてあるのは、ばあちゃんの旧式自転車。
年季が入ってるでしょ?
どこが旧式かってと、ブレーキが!!
ハンドルにはブレーキをかけるアレが付いていないんです。
えっちらペダルを漕いでる足を止めて、いえ!足を止めるだけじゃなく、逆方向にグッと力を入れるとブレーキが働くんです。
ばあちゃんは、これじゃないと嫌だ!と言っています。
私は、フツーのブレーキじゃないと嫌なんですけどね・・・・・。
→続きを読む
【2008/02/12 03:54】 | 日々の暮らしのなかから | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
エネルギー休暇を前にフル回転!
ここのところマチカは、放課後に友達との逢瀬をエンジョイしまくっています。
先週の金曜日は学校帰りにバルバラ宅へ直行。
今週は火曜日に、同じくカトリン宅へ直行。
木曜日には、アニカ宅へ直行。
金曜日には、バルバラを学校帰りに連れて来ました。

普段は帰宅後宿題をしなくてはならないのと、冬休み前からテストが多かったのもあって、金曜日以外の放課後友達と遊ぶことなどありません・・・・・。
私なぞ宿題なんかなんのその(宿題が簡単だったってことじゃないですよ。無視してたってだけのことで・・・・。)、毎日暗くなるまで友達と遊びほーけてたんですけどね。
と言えるのも、歩いて行ける距離に同級生が山ほどいたからのこと!

マチカの同級生は、同じ村に5人ばかりいます。
でも中学2年生(日本の小6)ともなると、は敬遠しあう訳で・・・。
加えて女の子であれば誰でもOKという訳でもなくて・・・。
マチカが友達と遊ぶには要送迎の、週末限定ということになります。
→続きを読む
【2008/02/11 00:00】 | 幼稚園&学校 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
行ってきました!
今日は、Heilklimastollenのセラピーの初日でした。(詳しくはこちらを→元炭鉱の村でセラピー

丁度休暇を取っている○ちゃんも初日だけ一緒に行ってみると言うので、昨日電話して3人で予約しておきました。
9時希望だったけど、ちょっと無理とのことで10時から。
ゼッツを幼稚園の給食に間に合うように送り届けたかったけど、しょーがないので今日はお休みさせることにしました。 

到着するや、ゼッツと私はトイレへ駆け込み!→移動で冷えちゃったみたい。
受付のおじいちゃん曰く、セラピーを受けていると新陳代謝が活発になるので、直前にトイレへ行っておくのは正解なんだそうです。
おじいちゃんに各自湯たんぽをもらって、説明も受けて、洞窟の中へと案内してもらいました。

ここの炭鉱の坑道は全長1300kmなのだそうです。
我々がセラピーを受ける坑道の直線部分は11km。
常に気温8度、湿度99%なのに加えて、ここの空気はmikro sauber Stoff (直英・和訳:micro clean 物質→ここでは空気)とのこと。
このコンビネーションが、気管支等に効くのだそうです。
とにかく酸素の量がはんぱじゃないらしく、酸素吸入の管を鼻に通している人も、ここでは酸素吸入の必要がないのだとか。



ブライベルグ3
 
通路の両側には、石を積んで並べてアヒルの母子の行列がつくってあったり(聞くまでわかりませんでしたが・・・)、あちこちに小人さんもいます。

セラピー空間にはおじいちゃんの奥さんがいらして、空いた椅子へと案内されました。
すでに寝袋が用意されていて、私たちは腰掛けただけ。
あとは奥さんが椅子を半ベッド状態にしてくれて、寝袋を整え、足をチョイチョイとさすって、更に毛布2枚でくるんでもらっちゃいました。
何冊か本を用意して行ったものの、瞑想するに程よい間接照明に包まれただけで夢心地!
聞こえてくるは、奥さんと誰かがヒソヒソ話す声、ポトン!ポトン!と落ちる水の音・・・・・と、あちこちから鼾が。
「本を持ってきてあげるね」と言われていたゼッツは、今か今かと待ちわびていたけど待ちきれず、いつの間にか夢の中!
私はと言うと、トイレに行ってきたばかりなのに途中からもよおしてきて(新陳代謝か?)、セラピー終了と同時に又してもトイレに駆け込む結果となりましたとさ。




奥地利の湯たんぽは、こんなんです。




ブライベルグ1

最初見たときは、これって氷枕?と思ったものです。
今はすっかり馴染んで、手放せない冬のベッドの友です!!
あっ、右っかわのにはタオルをクルクル巻いて使用します。
→続きを読む
【2008/02/02 03:05】 | 日々の暮らしのなかから | トラックバック(0) | コメント(11) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。