身体検査
昨日の午後幼稚園へゼッツのお迎えに行てみたならば、ゼッツは皆と走り回っておらず、先生の傍に寄り添っておった。
「エリアスと衝突して唇をちょっくら切ったらしく、にビックリしたのだろう」と先生が・・・・・。

ちょーっと待ったぁ!!
ないぞ!ないぞ!上の前歯が見当たらないぞ。
グラグラし始めていた乳歯が、ぶつかった拍子に抜けた模様。→4本目!
それでが、たくさん出たように見えたのねぇ。

おかげ様で、只今ゼッツは上の前歯が2本共ございません。
ちょっと笑えます。
→続きを読む
【2008/04/18 00:00】 | 家族について | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
やっちゃった!
今日はマチカが8時間授業の日。
普通なら、村の駅まで車でお迎えに行きます。
でも・・・・・今日は行けないのよねぇ。

昨日は火曜日で、4時にピアノの先生が来る日でした。
なので、やっぱり村の駅までお迎えに行くことになっています。
でね、車庫からバックで車を出す時に、ちょっぴりサイドミラーが出口のでっぱりに当たってしまった訳よ。
すぐにブレーキを踏んで、切り替えして出ました。

ホッ!異常なしだった。

さて、駅で待つこと数分。
昨日はサザンを聴きながら&くちずさみながらの待ち時間でした。
マチカとミヒを乗せて発車すると、ミヒか後ろでボソボソ・・・・・と何か言ってる。
「何か落ちた」とか何とか。
訳がわからずそのまま走ってたら、ミヒがマチカにやっぱりボソボソ・・・・・と、「・・・・・って言いなよ」とか何とか。

なんでもの物が落ちたのだと。
さっぱり訳がわからず、それでも一応引き返してみた。

すると!そこには、サイドミラーのカバーが落ちていた!!

それも・・・・・3つに割れていた。
ミヒ曰く、マチカがドアを閉めた反動で落ちたらしい。
「教えてくれてありがとう!」と言ったものの、その原因は話せない私がいた。

夕方、遅番の○ちゃんが 「ゆで卵を2個つくっておいてくれぃ!」と会社から電話してきた。
「何か変わったことあった?」との社交辞令に、「何もないよ」 と。
その頃には、サイドミラーのカバー事件のことなぞスッカリ忘れておった、お気楽な私。

でも、電話を切ってから思い出した!
でもって、○ちゃんに電話をかけ直した・・・・・笑われた。

ってことで、今日の午前に車を修理工場へ持って行き、明日受け取りに行ってきます。
足が痛いって言ってるマチカ・・・・・まさか、今日お迎えが来ないとは思わないだろうなぁ。
メラニーのママに「乗ってく?」と聞かれても、「ママが迎えに来るから」って断るだろうなぁ。

昨日言おうと思って忘れちゃったのよ、「もしママが迎えに来ていなかったら、遅れてくるかもしれないけど、来ないかもしれなから、誰かに乗せてもらっていいからね」ってね。
今日こそ言わなくちゃ!!
→続きを読む
【2008/04/16 21:27】 | 日々の暮らしのなかから | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
散財
今日は、遅番の◎ちゃんとタルビス(イタリア)のマルクトへ行く約束をしてありました。
最後にそこのマルクトへ行ったのは、15年位前!
私が嫁に来た頃はイタリアの通貨もまだリラで、奥地利人にとっては買い物天国!みたいなところがあったのです。
それがいつの間にやらイタリアの物価が上がっていって、ユーロ導入後に至ってはイタリアで衣類を買うなんて・・・・・という感じだったのです。

ほんでも今の時期に着るジャケットが見つからず、先週 ともこりんに最近のマルクトのことなどを聞いて、居ても立ってもおれずダッシュしてしまいました。
今朝ゼッツが「頭が痛い!」と言った時には、マルクト行き延期か?と思われましたが、頭痛薬(日本の美味しいのど飴)をやったら頭痛はおさまりましたとさ。

さて、現在改装中のマルクトの裏っ側にある仮設マルクトへ突入。
プレハブって感じの大きな小屋を入った最初の店(屋台?)で、取りあえず引っ張り込まれました。
「一周してくるから!」って言ったんだけど、「見るのはタダだよぉ」と言われて・・・・・。

黒いジャケット茶色いジャケットを試着したら、茶色いほうがよい!と意見一致!
ただ・・・・・黒いほうは皮が柔らかかったけど、茶色いほうは堅めだったのよねぇ。→おっさん曰く、「着ていればだんだん柔らかくなっていく」とのこと。
本物の皮だと証明するため、ライターの火をジャケットにあてたり・・・・・。
今日はお暇なようで、この分ならかなり値段も下がるかも! なぁんて思ったりしたのであった。

おっちゃん、まず「180ユーロ」と言っておきながら、「でも、まぁ140でいいよ」ときなさった。
そこで・・・・・車のなかで「横から口出しするなよ!」と引導を渡しておいたはずの●ちゃんが、横から「120なら払うよ」・・・・・なんて言うかぁ?!バカ~!!





120ユーロで買わされたジャケットです。
如何なもんでしょ?



タルビス(皮のジャケット)






その後マルクトを一周したのですが、「私のことはほっといてくれ!」の一言につきる。
屋台の前を通るたびに、どの店の人もしつこいのなんの。
決まり文句は、「見るのはタダだよ」ってね。

○ちゃんは何も買うつもりなかったのに、ジーンズ屋のお兄ちゃんが耳元で「10ユーロだよ」と囁いたと思ったら、ハイ!ご試着ぅ。
二人の会話がイタリア語だったので、私にはチンプンカンプン。
後から聞いたら、お兄ちゃんが「(10ユーロと28ユーロで)45ユーロね!」と言ったとのこと。
対する●ちゃんは、40ユーロ渡しながら 「38ユーロじゃないの?まっ、2ユーロはコーヒー代ってことでいいよ!」 なんて言っただとぉ!
マルクトでは、値切ってもチップなんかやるなーーー!

本当はバッグも欲しかったけど、これ以上は元気が出ませんでした・・・・・。

教訓: 二度と●ちゃんと一緒にマルクトになぞ行くもんかぁーーー!
→続きを読む
【2008/04/12 01:47】 | 旅&お出かけ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
借りてきた犬
このところ、私の周りで犬を飼い始める人が増えている。
私もワンコが欲しいような・・・・・でもちゃんとお世話する自信がないのよねぇ。
お馬鹿な猫達もネックではある。

隣村に住む知り合いの爆風家族も、ワンコを飼い始めた輩の一端。
犬を飼うなんて有りえない!と公言していた爆風両親も、隣り村では不審人物が度々目撃されており(路上でってんじゃないんですよ。外国人って話なんですけどね)、要番犬という結論に達した模様。

数日前に村の店にいたら、長女のダニがワンコを連れてやってきた!
え゛ーーっ!もう飼いはじめたのぉ?ってことさね。
私は思わず店から飛び出し、ヨシヨシしちゃいましたとさ。
非常に大人しく、従順なワンコとお見受けしました。→爆風家族に似合わねー!

買い物を終えて店を出ようとした頃には、ダニからワンコが居間で寝ていることなど聞き出しておりましたが、更にこんなセンテンスが耳に・・・・・。
「ワンコは、もう私の部屋まで来たんだよ」だと。
2階まで進入OKなんだぁ!
爆風一家のかあちゃんが言ってたよなぁ、「犬小屋を外に置き、犬は家の中には入って来ない」ってさ。
「人間と動物の間には、けじめが必要」だとか、なんとか・・・・・。
翌日幼稚園で会ったときに、ヤンワリ聞いてみました。
「ワンコは家の中にいるの?」って。
彼女は誇らしげに申しました、「私かダニが一緒じゃないと、外に出ないのよ」ってね。

まぁ、番犬のつもりが、早くも家族の一員と化したってことかしらね。
ヨシ!としよう。
→続きを読む
【2008/04/10 20:18】 | 日々の暮らしのなかから | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
油値高騰のこの時期に・・・・・
ぽろ家は、じいちゃんのお父さんが建てた家に、じいちゃんが増築したという代物です。→業者に頼まず、自力で建てた。
かな~り間取りが悪うございます。
我々のテリトリーであるところの増築部分には地下がなく、1階に2部屋、2階に2部屋・・・・・の予定だった。

ところが、増築から数年後のセントラルヒーティング設置時に問題発生
どこにセントラルヒーティングの元を置くか?ってことです。
通常、地下に置く例がほとんど。
しか~し!ただでさえ2間しかないぽろ家の地下室は、シッカリ活用されており、明け渡すなんてとんでもないことでございました。
技術者でぽろ家にセントラルヒーティングを設置してくれたおっちゃんは、「納屋に置いて、地面に埋めたパイプでお湯を引っぱってくればよい!」と言ったらしい。
人に指図されるのが大っ嫌いなじいちゃんは、「それでは熱が取られてしまう!」と言ったそうだ。
一度言い出したらてこでも引かないじいちゃん!!
結局、増築部分の一室をつぶすことに・・・・・。

私が嫁に来たときには、すでにこの図式が出来上がっておりました。





Heizoel-3

セントラルヒーティングの元。
本来なら我々の居間になるはずだった空間の約1/3をを占領してやんの!

→続きを読む
【2008/04/06 00:00】 | 日々の暮らしのなかから | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
予防接種
今奥地利の一部で、はしかが大流行している。
とある学校で流行して、それが他の学校へも飛び火したらしい。

とある学校とは、奥地利ではヴァルドルフシューレと呼ばれている。
日本では、「シュタイナー教育」と言ったほうが解りやすいだろう。
その学校は予防接種に対して否定的で、生徒全員なのかどうかは定かでないが、予防接種を受けていない子供が多いらしい。
それが今回の大流行の原因となった模様。

ヴァルドルフシューレと切り離してみても、奥地利の予防接種を受けた子供は全体の90%とのこと。
この数字ってどうなんだろう?
もちろん、子供に予防接種を受けさせるかどうかは親の権限。
日本人仲間にも、予防接種否定主義者もいる。
そして、我が家は予防接種肯定派。
昨年夏の里帰り前には、日本脳炎の予防接種まで受けさせた!


新聞によりますと・・・・

ヴァルドルフシューレだけで105人がはしかにかかっており、同校は4月6日まで閉鎖中。

大きな生徒たちほど症状がひどくなる訳で、入院している症例もあるらしく・・・・・
でも予防接種のなかった昔は、そんなことも当たり前だった訳で・・・・・

こりゃ、白黒つけられる問題ではありませんなぁ。
なんともあやふやな締めくくりになってしまって、かたじけない!

ただ・・・・・学校自体が「予防接種反対!」という意見を表に出しているという点には、首をかしげてしまうかな。
なんとなくセクトのようで・・・・・。
→続きを読む
【2008/04/04 01:55】 | 奥地利の近況 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
グラーシュ
♪冬が来る前に、もう一度あの人に巡り会いた~い♪

って歌がありましたよね~。

私が挙げる歌って、知らない人も多いだろうなぁ・・・・・時代がちょこっと違ってさ。



その冬が来る前に決めたんです!!
毎週水曜日に、誰かと会おうって!!
家から出るようにしようって!!
でないと、日照時間ゼロの日が続く時期、絶対に冬季鬱病になってしまうだろうから・・・・・。

今は日照時間も戻り、冬も過ぎ去ったけど、やっぱり水曜日のお出かけは続けようと思います。
水曜日はマチカが8時間授業で16時過ぎご帰宅だもの、有効に活用せねばね。
それに9月になればゼッツも小学生になって、お昼には帰ってくるようになっちまうんですもの。
今のうち!今のうち!

で、明日は久しぶりの水曜日の茶話会です!

○ちゃんは早番。→14時半帰宅予定。←宛にならない!
マチカは8時間授業。→16時過ぎ帰宅予定。
ゼッツは、幼稚園からクンペル宅へ直行。

○ちゃんが定時帰宅した場合に備えて、明日は冷凍庫からグラーシュを出しておくつもりです。
セメルも用意してあるしね!





セメル
右側に並ぶが Semmel(セメル)。
カイザーとも呼ばれているようですが・・・・・。
グラーシュには付き物です!






グラーシュサフト paprika

左側がグラーシュサフトのキューブ、右側が辛口でないほうのパプリカです。





※クンペル(Kumpel): 電子辞書には「仕事仲間」「親友」とありますが、ワタシ的には「(男同士の)仲間、(良い意味での)悪友」って感じです。
→続きを読む
【2008/04/02 00:00】 | 料理 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
| ホーム |