ヒエテンシュピール
クリスマスを目の前にアドベントの第4日曜日には、教会で恒例のヒエテンシュピールがありました。
前山村に住む小学校の宗教の先生の主催で、小学生を中心にクリスマスにちなんだ劇(ヒエテンシュピール)をします。
ミサの最中にします。
ゼッツもヒエテ(羊飼い)の役で出演したので、この日は私もミサに行ってきました!!





ヒエターシュピール

マリア、ヨセフ、天使、ヒエテの役割を演じた子供達。
この日は子供達が多かったので、いつもと比べてザワついたミサだったようです。

ゼッツにはセリフが2回あるはずだったのですが・・・・・1回しか言わないうちに終わってしまった!





教会のアドベントクランツ

普段教会へは足を向けないくせに、この日は一番前の席に陣取った私でした。
で、目の前のアドベントクランツの写真を撮ってみました。
何故だか、4本目のロウソクだけはピンクでした。
→続きを読む
【2008/12/27 14:12】 | 奥地利の文化・習慣 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
週いちの発音矯正
3年前までマチカが通い、現在はゼッツの通う小学校へは、毎週1回Bezirk(地区。市よりもう少し広い範囲で、天気予報の○○地方って感じかな)から発音矯正の先生が派遣されてきます。

マチカRの音が出せなくて、お世話になりました。
これ・・・・・私のせいなんですよね。
これを教訓に、ゼッツのおやすみ前のお話は日本語限定にしております。
奥地利語の本を「読んで~!」と言うときには、○ちゃんかばあちゃんの所へ送り込みます。
二人共いなくて、どーしても!という時には、思いっきりRを意識して、ものすごーくチンタラと丁寧に読みます。
多分、聞いていても楽しくないと思います。

おかげ様で、ゼッツRには問題なしの模様。ホッ!!
しかーし!S(ス息だけ、音なし。もしくはズに近い音)やZ(ツの息だけ、音なし)やSCH(汽車ポッポと同じシュの息だけ、音なし)を発音するときに、どーしてもベロが上下の歯の間から出てきちゃうんですねぇ・・・・・。
ということで、姉弟揃って発音矯正の先生のお世話になることになりました。



→続きを読む
【2008/12/24 15:31】 | 幼稚園&学校 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
ビールあれこれ
うちの○ちゃん、ビールが大好きです。
おい!おい!って言いたくなるくらい、水のように入っていきます・・・・・お腹の中へ。
立派なビール腹をしておいでです。

そんな○ちゃんの日本でのお気に入りは、①にサッポロ、②にアサヒ、そして③にキリンと続きます。
アルコール全般が(特にビールが)苦手なワタクシには、訳わからないんですけどね。

今まで我々は1度だけ夏に日本へ行きましたが、その他は年末年始というのが恒例となっています。
○ちゃんが来てるということで、叔父や叔母から実家へ届くお歳暮は缶ビールばかりなりー!
台所の隅には、缶ビールの箱が並びます。
台所のテーブルやコタツに陣取り、確実にそれらを消化していく●ちゃんの姿が・・・・・。





そして、○ちゃんが奥地利で買ってくるビールはこちら!!


ビール1


一番左は、○ちゃんがいっとう好きなHirter(ヒアター)。
真ん中は、マルコが住む州で作られているStiegl(シュティーグル)。
Stiege(シュティーゲ=階段)という単語をもじったのか、ラベルには階段の絵が描かれています。
一番右は、Murauer(ムーラオアー)。
Murau(ムーラオ)という村で作られているのでしょう。

奥地利には他にも色々な種類のビールがありますよ。
でもね、テレビのコマーシャルではビールを飲んでいる映像を放映するのはNGなんです。




→続きを読む
【2008/12/21 18:08】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
3年振り(4年振り?)のマリア様
第2次世界大戦中、奥地利の町々、村々では男衆が兵隊として出兵しました。
そして家には女衆と子供ばかりが残りました。
その頃前山村に赴いていた伝道師が、12月に入るとマリア像を家々にまわし、近所の女衆が集まってお祈りをするようになりました。
マリア像は1軒の家に1泊、道沿いに(片側だけ)家々を渡り歩き、その道の最後の家を訪問し終わると通りを横切って又同じ道の反対側を戻ってきます。
当時は隣三軒両隣だけではなく、マリア像宿泊先の女主人の友達なども集まり、お祈りのあとはおしゃべりに花を咲かせて、クリスマス前なのに男衆がいない寂しさを紛らわせました。





マリア様1

前山村の正確な軒数は不確かですが、マリア様がまわってくるのは3-4年に一回で、今年は我が家にも順番がまわってきました。
お隣りの奥さんがマリア様を持ってきたとき、ばあちゃんは扉の所でマリア様をお迎えするときの決まり文句を述べておりました。

最近の慣わしとしては、両隣りの隣人を招いて一緒にお祈りします。
が!今回はお隣りさんと申し合わせて、それぞれ家人のみでお祈りすることにしました。





マリア様2

アドベントの第3日曜日であった昨日、時間がバタバタと過ぎて3本目のロウソクに火を灯しそびれたので、ついでに今日点火させて頂きました。





マリア様3

マリア様の前でお祈りするばあちゃん。
コテコテの敬虔なカトリック教徒です。
本当はとっても長いお祈りをするのですが、今日はかなーりはしょってくれました。

いつもなら、ばあちゃんが裏の家へマリア様をお連れするのですが、今年は足元が悪いので○ちゃんが持って行く!と申しております。

必要ないと思うんだけど几帳面にアドベントクランツの下に広告を敷いたのは・・・・・ばあちゃんです!





→続きを読む
【2008/12/18 16:33】 | 奥地利の文化・習慣 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
ユリアの降級
先日ゼッツのクラスで、父兄の夕べがありました。
普通なら私と○ちゃん揃って参加するのですが、この日は○ちゃんが遅番だったため、私一人で行ってきました。
他の父兄も、お母さんかお父さんのどちらかが参加していたなか、ユリアのところだけは両親揃って来てみえました。

いつもはお母さんだけなので「なんでかなぁ?」と思っていたら、ユリアを Vorschule(フォアシューレ) に降級させたいとのことでした。
両親で話し合い、ユリアの話も聞いて決めたとのこと。

Vorshcule(vor:前、Scule:学校) というのは小学校のひとつ手前という意味で、日本なら幼稚園でしょうか?
降級させたい理由としては、ユリアの作業がとてもゆっくりで、計算問題にしても、書き方の練習にしても、少なくとも他の子供達の2-3倍の時間がかかるとのことでした。
先生も毎回ユリアが終わるまで待つ訳にはいかず、ユリアがやり残した分は彼女の宿題にするしかないとのこと。
宿題は他にもある訳で、それがユリアの負担になっているのだそうです。

降級、飛び級については、入学当初から先生から説明されていたことで、「子供がついていけないと感じたら、いつでも言ってきて欲しい。その子が一番快適に学べるようにしなくてはならないから。」と言われていました。
ゼッツと席を並べて座っているニーナも、昨年ピカピカの一年生になったものの、1時間のあいだ授業に集中できず、家でも(学校のことが原因で)見るからに生気がないというので、フォアシューレに降級しました。
そして、今年はやる気満々で一年生をやっています。
ニーナのお母さんも、ニーナの降級がいかに正しかったかということを力説されていました。




→続きを読む
【2008/12/14 18:16】 | 幼稚園&学校 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
予定になかった4連休!
今朝いつものように6時ちょい前に、目覚まし時計に起こされました。
玄関の扉を開けてみたならば!!





雪1
こんな感じになっておりました。





起きてきたマチカを「学校に行けないから」とベッドに戻し、私もあと少し眠りをむさぼとうろベッドへと引き返したのでした。

そしたら・・・・・

①いつもマチカが駅まで一緒に歩いていくメラニーのママより電話。
ラジオで、学校がお休みだと言ったんですって。
お休みじゃなくても行かせやしなかったんですけどね、でも電話ありがとう!
再びベッドへ。
やっと体が温まりかけたところで・・・・・

②ゼッツの担任の先生から電話。
「ラジオで聴かなかったらいけないと思って」とのこと。
はい、ありがとうございました。
今度こそ寝るぞ!!と、

③毎朝ゼッツがスクールバス乗り場まで一緒に行ってる、トビのママから電話。
ありがと・・・・・でも、もうわかってる・・・・・。
寝たいっ!

④今度はゼッツの発音矯正の先生から電話。
「はい、ラジオで休みって言ってましたね」とあくまで明るく、しかし言わずにはおれんかったわ。

この後ベッドに戻ったらゼッツが目を覚まし、休校と大雪に興奮して起きるハメになりました。



→続きを読む
【2008/12/11 13:28】 | 日々の暮らしのなかから | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
クッキー焼きはじめました!
今年もクリスマス用クッキーを焼かなくちゃ!と思いつつ、なかなか重い腰があがりませんでした。
でも12月に入って、無理矢理腰をあげました!
そしてフル回転で焼いています。





クッキー1

初日に焼いた4品。
左からアイスボックスクッキーのマーブルもどき&ココア生地のアーモンドスライス入り。
これで2品と勘定しちゃってます。

中央はスノーボール!なんだけど、何度挑戦してもボールにはなってくれないのよねぇ。
どうしても底が平らになって、お饅頭型になります。
でもこの味が大好きなので、ワタシ的には絶対にはずせないクリスマスクッキー。

右はこの中で唯一、奥地利のレシピからクーゲルアオゲン(Kugelaugen。Kugel=球、Auge=目)。
真ん中にジャムを入れます!





クッキー2

二日目の成果がこちら!
今度は右から、卵白消化レシピのメレンゲクッキー。
100℃で2時間も焼くんですよ・・・・・焼くと言うより、乾燥させるという方が当たってる?
私のオーブンは天板一枚づつしか入れられないので、ばあちゃんのオーブンも借りて焼きました乾燥させました。
同じ温度で焼いても、こんなに色に差がでちゃうんですよね。

中央は、きょうの料理で見つけたプレーンなクッキー。

左側は、今年初挑戦の搾り出しクッキーレモン汁入り。
これを作るのに、えらい目こきました!
クッキー生地絞り出し用の器械を持っていないので、生クリーム搾り出し用の容器を使いましょ♪と軽く考えていたら、これが至難の技。
馬鹿チカラを出してるつもりなのに、生地が絞り出されてこないのよぉ。
横からゼッツが私の腕を触って、「何でこんなにプルプルしてるの?」と聞いてきましたぜ。





→続きを読む
【2008/12/08 18:45】 | 日々の暮らしのなかから | トラックバック(0) | コメント(14) | page top↑
玄関先まで来たニコラウス
ここ奥地利では、11月5日に聖ニコラウスがお付きのクランポスを連れて、良い子の家々にやって来ます。

本日の第一弾は学校にて

ゼッツたちのクラスへは1時間目に、ニコラウスが4本角のあるクランポスを連れてやって来たそうです。
隣りの席のニーナから「去年ニコラウスとクランポスが来たから、今年もクランポスも来るよ!」と聞かされていたらしく、多分心の準備はできていたことと思います。
でも、「ニコラウスは何て言ったの?」と聞いても、覚えていないんだってさ。
一番前の席だから、クランポスにも皆より近かったんだろう・・・・・びびっていたのかもね。





ニコラウス1

それでも、もらう物はちゃーんともらってきましたよ。
帰宅するなり、満面の笑みで見せてくれました!
図工の時間に自分で作ったニコラウスの袋のなかには、ナッツ、みかん、クランポスのチョコレート&細々としたお菓子が入っていました。


マチカたち中学生は、残念ながら学校ではこの手のお楽しみとは縁がありません・・・・・。




→続きを読む
【2008/12/05 21:09】 | 奥地利の文化・習慣 | トラックバック(1) | コメント(12) | page top↑
アドベント!アドベント!
Advent! Advent! Die erste Kerze brennt!

- アドベント!アドベント!1本目のロウソクに火が灯った! -




アドベント9


って、写真のアドベントクランツ(←クリックしたら「儀式」の項をご参照ください)には、まだ火が灯っていませんねぇ・・・・・。





アドベントクランツ

はい!こちら、アドベントの第一日曜日に、1本目のロウソクに火を灯した時の図です。
以来毎日(と言っても、まだ3日目ですが!)、外が暗くなってから1本目のロウソクに火を灯して、電気を消すのが今週の日課となっております。
来週は2本目にも火が灯ります。
一応皆でアドベントの歌を唄うのですが、我が家の面々ものすごーい音痴さんばかりで、なんとかつられない様頑張っている私です。
今日は、ゼッツが学校で習ってきたニコラウスの詩を得意げに暗誦しました。
促されたマチカも最初は嫌々、そのうち結構悦に入ってながーい詩を暗誦しておりました。





アドベント7

こちらは、ゼッツ所有のアドベントカレンダー。
1~24までの数字が書かれた窓があり、12月1日から毎日一つづつ窓を開けていくと、クリスマスイブに最後の窓が開くという、クリスマス前のカウントダウンですね。
例年我が家では、新聞に付いているアドベントカレンダーで間に合わせているのですが、今年は「もしかしたら来ないのでは?」との噂が流れ、チョコレート会社ミルカのカレンダー×2を買ってきました。
窓を開けると、チョコレートが出てきます
その後、政治に片足を突っ込んでいる友達のご主人からも、彼の所属政党の宣伝用カレンダー×2を頂きました。
もちろんチョコレート入りです。
最後に・・・・・11月29日の新聞に、恒例のアドベントカレンダーが付いてきました。

ということで、今年は計5個のアドベントカレンダーが陣取っています。




→続きを読む
【2008/12/02 21:39】 | 奥地利の文化・習慣 | トラックバック(0) | コメント(16) | page top↑
| ホーム |