スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
美味しい日本!
今日の日記は、ただ単に私が日本で食べてきたもののご紹介。
日本にお住まいの方々には面白くもないでしょうが、ひとつお付き合いの程を!!





シェシバタ

デザートからいっちゃいますか!!
以前ワタシが通勤時に利用していたJRの駅がある市にあるカフェに入りました。
これがね、駅から何キロ歩いたんだろう・・・・・多分3キロは歩いたんじゃないかと・・・・・もっとかな?
しかも閑散とした道を!

相方はシュークリームを、ワタシは大好きなクリームブリュレを注文しちゃいました。
他にも色々ケーキがあったんだけどねぇ。
ワタシは美味しかったけど、相方にはシュー皮がパリパリじゃなくて評価低かったですね。
ここのカフェ、某都会にも支店を出しているほどの人気店なんですが・・・・・残念。





イカ墨のパエジャ

カフェでお茶したあと、又も相方とテクテク歩いてたどり着いたお気に入りのスペイン料理店の、だーい好きなイカ墨パエリヤ。
このパエリヤを食べたら、他の店のパエリヤなんか食べられませんよっ!!
レベルかなり高いです。
ここで落ち合って楽しく食事したメンバー4人は、某都会在住の相方、ペルー出身で今は日本人の毬ちゃん、日系ブラジル人のネルさん、そして在奥地利のぽろ、とおもろい集まりでございました。
そのネルさんもね、「とっても美味しい♪」と繰り返し言ってたんですよ。





海老マヨランチ

メンバー一部入れ替わり、スペインレストランのマスター、奥様のブランカちゃん、毬ちゃん、ぽろの4人でランチしたのが、お洒落な中華レストラン。
私は、海老マヨ炒めに御粥をチョイス!
春巻き、スープ、サラダは自動的に付いてきました。





デザート

そしてデザート。
お茶も、数種類あるなかから選べました。
ここ、次回の里帰りでも絶対に行きたい所です。
マスター、ブランカちゃん、美味しい所へ連れてってくれてありがとー!!





日本で外食3


日本で外食2

中学1年の時につるんでたチンと一緒に、同じく仲良しのオマメのお店でランチしてきました。
同級生で、私も同じクラスになったことのある旦那さんが作った料理に舌鼓!
これで1000円にしてもらっちゃったよ。

この後、オマメも一緒に徒歩2分のところにある喫茶店でおしゃべりしましたぁ。


スポンサーサイト
→続きを読む
【2009/03/28 18:44】 | 日本滞在記 | トラックバック(0) | コメント(14) | page top↑
ペーターとオオカミ
毎年ゼッツの通う小学校には、パパゲノ劇団がやってきます。
お姉さんとお兄さん、二人っきりの劇団です。
「父兄の観劇も歓迎」というプリントをもらってきたので、お迎えグループのお母さん二人と一緒に行ってきました。

今年の出し物は、ロシア人のセルゲイ・プロコイエフが作曲した子供のための音楽作品「ペーターとおおかみ」。
ピーターが仲良しの小鳥と協力しあって、アヒルを飲み込んでしまった狼を捕らえる・・というものです。

どうやら生徒から数人が選ばれて、劇の前に台詞の練習をしているようでした。
あらかじめ選ばれて台詞の練習をしていたのは、ペーター、小鳥、猫、あひる、おじいさん。
台詞のないオオカミ、猟師、音響さんは、その場で選ばれましたが、皆選ばれたくて「はーい!はーい!」と競って手をあげていました。
ゼッツは・・・・・一度も手をあげなかったんだけどねぇ。
でも、とっても楽しんで観劇した様子だったのでヨシ!としましょうぞ。

配役が決まると、それぞれの歩き方の練習へと移行しましたが、役者以外にも6-8人の児童が選ばれ、一緒に歩く練習をしました。
ここでもゼッツは手をあげず・・・・・。
先生と我々父兄は、おじいさんの歩き方練習場面に引きずり出されました。





ペーターとオオカミ5


ほらね、こんな具合に歩く練習。
左から3人目のお兄ちゃん、かなり興に乗ってるでしょ。
左から2人目は、オオカミ役に大抜擢されたゼッツのクンペルのジャイアン。
それぞれの役が演じるときには、それぞれの役に合った楽器の音が流れました
全部は覚えていないけど・・・・・猫(オーボエ)、オオカミ(ホルン)、小鳥(フルート)、他にはクラリネット、バイオリン、ファゴットだったな♪





ペーターとオオカミ1
これは、全員がダンスの練習をしているところ!
そうだ!幼稚園の年長さんも観劇にきてたんでした。






ペーターとオオカミ2
オオカミが観客に向かってガオッ!と襲い掛かる直前!
真ん中にある青い敷物は、アヒルさんが泳いでいた





ペーターとオオカミ3
そして、ペーターと小鳥さんが協力してオオカミを縛り上げたところ。
男の子の頭で、倒れているオオカミが見えないけどね。
ペーター役の男の子は、よい役者でしたねぇ。






ペーターとオオカミ4
お芝居が終わり、全員整列!!
お疲れ様でした。
ほとんどの児童がスタンディングオベーションしてましたよ。


→続きを読む
【2009/03/25 18:03】 | 幼稚園&学校 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ヨセフィマルクト
先週の木曜日は聖ヨセフの日でした。
一年を通してほぼ毎日なにがしかの聖人の日で、銀行などでもらえるクレジットカードサイズのカレンダーには、日付の横に聖人の名前がズラリと書かれていることが多々あります。
ばあちゃんにも、○ちゃんにも、マチカにも、ゼッツにも Namenstag (直訳:名前の日)があります。

聖ヨセフは我が州のパトロン(守護聖人)なのでこの日は州の祝日となり、ここの州だけ学校がお休みになります。
お店は開いており、会社も通常通り出勤日なんですけどね。
聖ヨセフの日には隣りの隣り村にヨセフィマルクトという市が立つので、午前の早めの時間に家族で行ってきました。
○ちゃんは遅番で出勤だったので、人での少ない早い時間から出かけたってこってす。





ヨセフィマルクト4

村の中心の道路が通行止めになり、ものすごい数の屋台が出ます。
この通りだけではないんですよ。
でも・・・・・前日までは春の陽気だったのに、この日はグッと冷え込んで歩いてても寒かったぁ。






ヨセフィマルクト1

木製品の屋台。
我々は、ここで布団叩きをゲットしました。
私が布団叩きを持って歩いていたら、すれ違う人々に「誰を叩くの?」とかって言われたり、笑ってる人もいたような・・・・・。





ヨセフィマルクト2

民族衣装の屋台。
一番右のベストも、その横の背広も、ここの州の民族衣装です。
右側のベストは女性用ですが、男性用もあって、じいちゃんも左側の背広と併せて持っていました。
でも・・・・・私は、衣料品や靴、台所用品はマルクトでは買わないな。

じゃあ、なんで行くの?ってことなんだけど、屋台を見てまわって、ついでに屋台でランチってとこかな。

ゼッツは、いくつかあるおもちゃの屋台で立ち止まってましたねぇ。
おもちゃも、屋台での購入はお勧めできませんが・・・・・結局ホワイトタイガーの小さなぬいぐるみを買ってもらってました。→値札を見てホッ!!
マチカはアクセサリーの屋台を物色してたけど、何も買わず仕舞い。→賢い選択です。





ヨセフィマルクト3
ここの村に市が立ったり、お祭りのときに絶対買うもの!
それは、ここの村にあるパン屋さんのシャオムローレです。
すごい人気なので、買いそびれたこともあります。
この日は10個も買って帰りましたぁ。

→続きを読む
【2009/03/22 18:58】 | 奥地利の文化・習慣 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
スパゲティ・ツナソース
最近ほとんど連絡を取っていない友達のなかに、サリーちゃんというアメリカ人のお姉さんがいます。
ここ数年は、忘れた頃に送りあうメールと、クリスマスカードくらいになってしまっているなぁ。
彼女とは日本で知り合い、彼女が日本にいるあいだ本当に仲良くしてもらいました。

よく二人でハイキングに行ったでしょー♪
20日間一緒に中国を旅して、私はよく彼女付きの中国人ガイドに間違えられたし♪
ご両親がいらしたときは、サリーちゃん抜きで陶器造りに案内したり♪

あとね、サリーちゃんは料理も好きだったので、欧州旅行のお土産に奥地利料理のレシピ本をプレゼントしたこともあったのだ♪
そして、このレシピを元に一緒に作ったケルンテナーヌードルのまずかったこと!
トップヘンの代わりにクリームチーズを使ったからねぇ・・・・・。
もちろん!その後サリーちゃんが奥地利の私を訪ねてくれたときには、本物のケルンテナーヌードルをご馳走しましたよ。→好評だった

さて、料理好きなサリーちゃんは、何度かキッコーマン主催の(だと思う)「外国人による醤油を使ったレシピコンテスト」なるものに応募していました。
残念ながら選にはもれたけど、主催側から入賞レシピをまとめた冊子を貰ったようです。
英語レシピと日本語レシピの冊子が貰えたらしく、日本語版は私にまわってきたのよねぇ。

サリーちゃんが応募したレシピはというと・・・・・

→続きを読む
【2009/03/18 15:25】 | 料理 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
陶器と陶器
まだ私が20代前半という頃から、弟のように付き合っていた少年がおりました。
知り合ったとき少年は確か小学5年生か6年生で、お勉強は今いちだったけど、愛嬌はあったようで児童会長に立候補なぞして当選したこともありましたなぁ。
一緒にスケート行ったこともあったっけ!!

この少年とは、これまた私が姉のように慕って付き合っていたシロちゃんを通して知り合ったのでござりました。
シロちゃんとは出会ったと思ったら一気に親しくなり、かなりずーずーしく毎日のようにお宅へおじゃましていました。
シロちゃんの結婚後も、上に同じ!!
おまけに!シロちゃんと、旦那さんと、私が、彼らの寝室の三方に寝転がってのビデオ鑑賞なんてことも・・・・・あったなぁ。

少年とシロちゃんとは、別々でも、一緒にでも、本当によく行動を共にしたものです。
シロちゃん夫婦の影響でアマチュア無線の免許なぞも取り、ハム仲間+α (もちろん少年含む)でスキー、テニス・・・・・と、なんとも色気のない20代を送ったものだと、つくづく感心してしまいます。

そんな私と、少年、シロちゃんの三角関係も、私が20代後半に突入した頃から少しづつ薄れていってしまったのよねぇ。
と思いきや、去年あたりから復活のきざしが
シロちゃんが、突然遊びにきてくれちゃったりしたのがキッカケでね。
そのシロちゃんから「少年が結婚した!」と聞き、1月の里帰りの折には気持ちばかりのプレゼントを持って行きました。

                                                                                                                                                                                                                                               
グムンドナーのカップ


これね、奥地利では名の知れた陶器ブランドのコーヒーカップなんですわ。
夫婦茶碗ならぬ、夫婦コーヒーカップってことで、割れないように紙で包んで機内持ち込み荷物に入れて、肌身離さず持っていったんですよっ!
今回少年とは会えず仕舞いだったけど、夫婦コーヒーカップはシロちゃんに預けたし、少年とも電話で話したし。
次回は、新居に押しかけるぞ。→奥さん見たいしっ。

少年も、そのうち来るかもなぁ。
まわりにスキー場があるのに私がスキーしてないことについて、「俺にしたら、宝がころがっとるようなもんやて!」って言ってたもんなぁ。
ここだけの話・・・・・私の初スキーと、少年のスキー場デビューが同じ日で、白馬八方だったのよねぇ。
ワタクシ、まず基本中の基本!キックターンから習っておったらね、少年は「基本なんかやっとっちゃあかん!」と滑り降りて行きましたの。
ワタシ?私はね、一日かけてほんの少し下ることができたものの、夕方ゴンドラで平地まで戻って行きました。
ウインタースポーツ王国にいながら、スキーしてない訳がわかるでしょ?!
→続きを読む
【2009/03/11 21:33】 | 日本滞在記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
春の足音?
一昨日の金曜日は、ばあちゃんの79回目のお誕生日でござりました。
だけど、プレゼントは地味なものに止めておいた我々・・・・・。
それはね、メインプレゼントとして、本日日曜日に中華レストランへとご招待することになっていたから!!
だって、物欲のないばあちゃんに要らない物を贈っても意味ないし・・・・・贈り物って難しい。→これ、永遠のテーマのような。





ラファエロ     ミルカ

ゼッツからはラファエロ、マチカからはミルカの苺味、私からもチョコレート(名称わからず、画像を探してこれませんでした・・・見つけ次第載せますので!)、○ちゃんからは白ワイン。
なんだか、どれもばあちゃんではなく、他の誰かのお腹に収まりそうな気がしないでもないですが・・・・・。

そんなこんなで、今日はお昼ご飯の支度は不要。
有意義な(どんなや?)午前を過ごさせて頂きました。





そして!さぁ、出かけるぞ と外に出てみたならば!!


屋根雪崩3

あの暗かった日々が嘘のように、我が家にも朝7時から日が当たるようになり、今日も雪解け水がポトポト滴り落ちる音がしていたのですが・・・・・
屋根の上の雪が、こーんなにずり落ちてきていました。

レストランから戻ったら、○ちゃんが長い棒でつついて落とす予定でした。
すでに、何度かやっております。





屋根雪崩2

が!帰宅してみたら、すでに屋根雪崩となって落ちていましたぁ。
マチカとクロスカントリーに行くつもりの○ちゃん、「雪かきだけで済む 」と小喜び!

こうして、前山村にも少しづつ花粉の季節が春の訪れが近づいてくるのですねぇ。


→続きを読む
【2009/03/01 22:39】 | 日々の暮らしのなかから | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。