ストライキ?
ワタクシ、奥地利のテレビ番組は見ません。→もっぱら日本のテレビ番組を、ビデオやDVDで見ています。
だからニュースは、ラジオのニュースから仕入れる割合が一番大きくて、その次は新聞かな。
新聞は見出しを読んで、どの記事を読むかが決まります。
でもまっ、だいたいは興味があることは○ちゃんにしつこく聞きまくりますかね。→楽ちん!

でね、最近奥地利ではゴタゴタしている件があるのです。
これも○ちゃんに聞いたのですが・・・・・


→続きを読む
【2009/04/27 21:50】 | 奥地利の近況 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
B型
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2009/04/24 21:34】 | ひとり言(雑談) | page top↑
とんだオーペア
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2009/04/20 12:00】 | ひとり言(雑談) | page top↑
初のプンクテ
ゼッツの学校では、悪い行いをすると先生の机の上にあるリストにプンクテ(Punkte:点数)が1点づつ加算されていきます。
いや、この場合は減点と言うべきか!!
これが15プンクテたまってしまうと、罰として詩を暗誦しなければなりません。

実はゼッツ、クラスでプンクテがない唯一の児童だったんですよねぇ。

それが!今週の水曜日は私がお迎えの当番だったんですけど、タニヤ、トビ、ゼッツの全員が車に収まったかと思いきや、タニヤが「今日ゼッツがプンクテをもらったんだよ♪」と言うではありませんか!!
あまりにも驚いたワタクシ、「本当?!」と聞くが精一杯。

毎日のようにメールのやり取りをしている友にも、早速報告致しました。
彼女からの返信には・・・・・

きゃ~!ゼッツマイナスもらっちゃったんだ♪おめでとう◎なんかうれしいなあ。
でも不可抗力でもらうのもどうかと思うけど、きっとゼッツはそうでもしなくちゃもらわないだろう。
イスを倒してマイナスと言われたとき固まってたんじゃないかなぁ。


だってさ。

そう・・・・・プンクテもらった理由は、椅子を倒した椅子が倒れたからなんだって。
きっと、先生も年度内に1点くらいは謙譲しないと!と思われたのでしょう。
他にも誰も、こんなことでプンクテをもらうことはないと思うが・・・・・。
そして間違いなく、マイナスを宣告されたときのゼッツは固まっていたはずです!
あはは・・・・は・・・・。

そんなゼッツではありますが、幼稚園児だった頃と比べると、ミミズペースではありますが、すこ~しづつ人並みに近づいております。
温かい目で見守ってやってくださいませ。
→続きを読む
【2009/04/17 22:01】 | 幼稚園&学校 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
思いがけない招待状
今年のイースターは、ばあちゃんの子供とその家族が勢ぞろいしました。
今までイースターだけは、ちびっこギャングとマルコは自宅で迎えていましたが、今年からは我が家に全員集合することとなりました。

イースターサンデーの午後、ギャングにヤオゼを食べさせていた時のことです。
ばあちゃんのキッチンの窓から何気に外を見ると、クリちゃんとクリちゃんのパートナーのトラちゃんのパパの姿が!
「えっ!二人だけかよ?」と思ったら、そうではありませんでした。





結婚式への招待

先頭は上の花束で飾られた棒を持った毬ちゃん、毬ちゃんの従姉のレナ、二人の祖父母、クリちゃんにトラちゃん。
あちらも、ほぼ全員集合ではありませぬか!

トラちゃんのパパが、「これは我々の谷の習慣で・・・・」と話しはじめられました。
イースターの時のお宅訪問時の習慣なんでしょうかね。
そして延々約3分!!
レーズンは5秒後にピン!ときたそうです。
私は、トラちゃんパパが話のしめくくりに「ということで、皆さんを結婚式に招待したいと思います」とおっしゃり初めてビビビーン!ときました。
遅すぎ!でもメデタイ。

クリちゃんとトラちゃんのように、子供をこさえてから結婚するのをここの州式に結婚すると言います。
最近は、奥地利中あっちを見ても、こっちを見てもここの州式に結婚するカップルばかりですが、ここの州では昔からその様なカップルがあふれていたんでしょうかねぇ。
ちなみに、じいちゃんとばあちゃんも(まだ生まれてはいなかったが)そうらしいです。
クリちゃんの両親もね。
→続きを読む
【2009/04/13 20:59】 | 奥地利の文化・習慣 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
復活祭にむけて
明日の午後、イエスキリストが復活します。
奥地利のイースターのご馳走はハムです。
この辺りではハムを手作りするのが昔ながらの習慣で、我が家でもばあちゃんと◎ちゃんとが作ってくれました。

明日の午後ご馳走を籠に入れて教会へ出かけ、神父さんによるイエスキリストの復活宣言(?)とお清めの後、それぞれの家庭でご馳走を頂きます。 
↑↑↑
これ、間違いでした!嘆きの土曜日にイエスキリストは復活致しません。彼が復活するのは、日曜日の午前5時でした。それでも、すでに土曜日にご馳走を食べてしまう私たちです・・・・・。






イースターエッグ1

準備その1)イースターエッグ用の卵を茹でました。
色が濃い目で丸っこい卵は、隣村の養鶏場で買ったもの。
薄目の茶色で細長い卵と、青がかった白い卵は、マチカの友達のバーバラの家の鶏が産んだもの。

私は半熟状のゆで卵でないと食べられないので、卵と湯を入れてコンロにかけて、沸騰してから4分にしてみました。
出来上がりがどうなっているかは、明日のお楽しみ♪





イースターエッグ2

去年買った卵の装飾用グッズで、卵を飾ってみました。  この卵飾りのつけ方はこちら!!←クリックしてみてね♪

ギャングたちは、昨日ばあちゃんが茹でた卵にで好きなよーに絵を描いていました。
フェで描きたい!」とのリクエストは、即刻却下されました。→皮を剥く時卵に色が付くに決まってる!!
こちらの装飾も各自2個づつやらせてみようかと思ったものの・・・・・いかん!熱湯を使うし危なすぎるってことで、ギャングは見学。
それでも楽しかったみたいですけどね。
右上は、マチカ作。
このろうそく型卵、マチカは不本意だったようですが、「これ僕のね!」「私のね!」と結構な人気でござりました。





イースター用ハム調理

準備その2) 朝起き出して下に行ってみたならば!ばあちゃんのキッチンの釜戸には、すでにハムを茹でている大鍋がのっかっていた。
おかげで、ばあちゃんのキッチンはとーっても温かでした。





牛タンの皮むき

これは、茹で上がった牛タンの皮をマルコが剥いているところ。


加えて、ばあちゃんはイースター用のパンを焼きました。
○ちゃんは、ハムにつける西洋わさびを買ってきました。
○ちゃんは、チョコレートのイースターラビットをしこたま買い込んできました。

この他にも、隣村のパン屋さんに注文しておいた特大三つ編みパンが届きました。
我々が注文したのは1kgですが、1,5kgってのも有りです。
この辺りでは、イースターにゴッドファーザーやゴッドマザーがゴッドチャイルドに三つ編みパンを贈るのが正統なトラディッション!


今年も美味しいイースターになりそうです♪
→続きを読む
【2009/04/10 21:31】 | 奥地利の文化・習慣 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
遊園地ばなし
ワタクシ以前はジェットコースター大好きっ子でした。
それが最近ダメなのよねぇ・・・・・。
おまけに、数年前に首都にある遊園地でマチカとソンブレロに乗って、遊園地のベンチで無様な姿をさらし、地下鉄の中でも・・・・・。
ってな訳で、遊園地がちょっぴり怖い近頃の私です。





ソンブレロ

こちらが、そのソンブレロ。


いくつもぶらさがっているソンブレロ型の(メキシコの帽子)マシーンに乗ると、ソンブレロをかぶって立っているメキシコ人を軸に大きく回転し、帽子自体もクルクル高速で回転するんです。
旅先で胃の調子がよくなかったワタクシ、このクルクルにノックダウンされました。



さて、前振りが長くなってしまいしたが・・・・・
こないだクリちゃん、トラちゃんの遊園地ぶったまげ事件を聞いて、ワタクシ腹をかかえて笑っちゃいました。

彼らが行ったイタリアの遊園地は、入場料を払うと乗り放題だったそうです。
ただ、どのアトラクションの前にも行列があったらしく、唯一誰も並んでいなかったアトラクションに乗ったのだと。
二人のなかでは、地上30メートルだか、50メートルだかまでゆ~っくり上がって、一番上までいったらゆ~っくり(景色を満喫できるように)大きく円を描いて一周する予定だったんだそうなんです。

もうお解かりですね

頂上で停止した時、向こうに見えた湖を指して、「Schau! Gardersee.(ほら!ガーダー湖だよ)」と言おうとしたクリちゃん。
でもね、太字の部分を口にしたかと思ったら、二人の体は一気に垂直に落下したんだって!!
訳がわからず、「キャー!!」と叫ぶ間もなく、気づけば地上にいた二人でした。

マシーンを降りた二人は這うようにしてベンチまで行って、その後30分は呆然としていたそうです。
ワタシは絶対にそんな目に遭いたくない!!→高所恐怖症やで絶対に乗らんし!だいたい誰も並んでなかったらピン!とくるし!多分見ただけで、どんなアトラクションか解るし!
絶対にそんな目に遭いたくないくらいに恐ろしい体験だったのでしょうが、笑いこけてしまったワタクシでした。

クリちゃん、トラちゃん、ごめんよぉ!!
→続きを読む
【2009/04/09 21:48】 | ひとり言(雑談) | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
ごめんなさいって言えるかな?
イースター休暇に入り、ちびっこギャング4名が集合しています。
でもって、今朝はひと騒動ありました。

いえね、毎晩4名のギャングが一緒に寝ているんですけど、昨晩はゼッツがあまりにも咳をして、咳のせいでほんのちょっぴり吐いちゃったもんで、私のベッドへ連れてきて寝せたんですよ。
そして今朝まだゼッツに着替えをさせていたら!下からイヤーな音が聞こえてくるではありませぬか。
少し前に3名のギャングが着替えを済ませて階段を降りていく足音がして、階段の途中で立ち止まっている気配はキャッチしてたのよねぇ・・・・・。

階段を降りて行ってみたならば・・・・・階段の途中の空間に置いてあったガラスのコップ状のキャンドル立てが落っこちていた。
運よく原型はとどめていたんですけどね、中に入れてあったシルバーの砂が散らばっておりました。
まぁ、それはよいとしましょう。

しか~し!!

そこには、ギャングの姿なし。
「誰がやったのぉ?」と聞いてる私の所へ「僕はやってないよ!」と、楽しそうに言いにきたモートル今回はやっていないんだろう。
だけどおかしな事に、モートルだけじゃなくて誰もやっていないみたいなんです・・・・・。→有り得ないし!
彼らにとっては、挨拶をすること&謝るということが何よりも難しいらしいのだな、これが!
それに引き換えゼッツは「ごめん」と連発するので、私が「ごめんって言うな!」を連発し返しているのよねぇ。
足して(+)割れたら(÷)いいのになぁ・・・・・。

取りあえず片付けてから、ばあちゃんのキッチンへ避難しているギャングの所へ行きました。
そして、「誰も怒らないから、やっちゃったらごめんなさい!と言わねばならぬ。でないと、4人共テレビもお菓子も無しだからね」と引導を渡して私のキッチンへと引き上げました。
だって、長期休暇のたびに来て(夏には最低でも6週間来る予定)、何かしでかしても知らぬ顔をされた上に私が尻拭い!なんて絶対嫌だ!と思ったんですもの。

ブツが落ちた音に起こされた○ちゃんにも同じ引導を渡され、ばあちゃんに説得された(と思う)ダヴィツキーとヨーヨーがやって来ました。
キッチンのドアをすこーしだけ開けて、まず顔だけ出したダヴィツキーが笑顔で「ごめんねー♪」と。
ひと泣きした様子のヨーヨーは、「ごめんなさい」と手を出してきたので握手して、ちょっぴりハグして和解致しました。

今日のところは、一件落着!
→続きを読む
【2009/04/07 21:24】 | ひとり言(雑談) | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
フィンガーティップ
ここのところ、工作がゼッツのマイブーム
週日の午後4時15分から放映されている、Fingertip(フィンガーティップ)というテレビ番組に夢中になっております。
もちろん番組のなかでは、いくつもの工作が披露されます。

そうでなくてもテレビ大好きなゼッツですから、学校から戻り宿題をしたら(天気がよければ)なるべく外で遊ばせるようにしています。
4時半からフィンガーティップは見てもよいことになっており、フィンガーティップが終わってから夕食までの時間は、ひたすら工作に没頭します。
→続きを読む
【2009/04/04 19:36】 | マチカワールド・ゼッツワールド | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |