フルーアライヌグング
金曜日、学校から戻ったゼッツが開口一番、こう申しました。
「きれいにするやつ!わかるよね?」
  
「ん?」
「きれいにするやつ!それに行くと、宿題やらなくていい券がもらえるって(先生が)言ったよ!

もしかして・・・・・そう言えば、2・3日前にゲマインデ(役所)からフルーアライヌグングのお知らせがきてたっけ。
どうせ行かないと思って、古新聞と一緒に整理しちゃったんだけどさ・・・・・。

我等がゲマインデでは(ここでは自治体)、毎年5月にフルーアライニグングが行われます。
自治体にある村々で決められた集合場所に行くと、手袋とゴミ袋が支給され、一斉に村のゴミ拾いに出かけるのです。

「宿題やらなくていい券」欲しさに、ゴミ拾いに参加すると大張り切りのゼッツ
確かにねぇ、宿題やっててもチンタラチンタラ休憩ばーっかして、本当に嫌そうだもんなぁ。
「宿題やらなくていい券」は、さぞかし魅力的なんだろう・・・・・。
ということで、ワタクシメも一緒に、初めて参加することにしました。

集合時間より15分も早めに着いちゃって、菩提樹の木の下のベンチで休憩!
大きな袋を持ったおじさんが現れ、向こうのほうのベンチで休憩!
・・・・・だけど、集合時間を過ぎても他には誰もこなーい。
おじさんに、「すいませーん、役所の方ですかぁ?」と聞いてみたら、そうだった。
あと15分待ってみようと言われた。
待った。
そして現れたのは、ゼッツの送迎仲間のトビ、タニヤとタニヤママのみだった。

で、おじさんを含めた計6名でゴミ拾いに行きましたよ。
歩行者が最も大きな確率で通ると思われる道沿い(村とは川を隔ててある駅から村への道)と、テニスコートへの道を歩きました。
これがガキンチョにはとーっても面白かったらしく、ゴミを見つけると「あったぁ!!」と大声で叫び、ゴミ袋を持った人のところへ駆け戻って来る。
そして又前方へと走っていく、の繰り返し。
トビなんて全然乗り気じゃなかったらしいのに、一番のってる?みたいな。

結果!一番多かったのは、煙草の吸殻&空箱。
そして、ペットボトル&空き缶。
なんでぇ?
持ち帰れない訳?
こんなに人口の少ないところでこれかよぉ! と怒っているワタシの横では、トビがおじさんに「来年またねぇ~」と言っていた。

→続きを読む
【2009/05/25 12:35】 | 日々の暮らしのなかから | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
バオムハウス
前山村の小学生たちは、スクールバスで学校に通っています。
が!帰りのバスは3・4年生の授業終了時に合わせて出るので、我々1年生の生徒の親は週に4回のお迎えが必須となります。
そこでワタシは、ダニ(トビママ)、パプシィ(タニヤママ)と交代でお迎えに行くことにしています。
これだと、あわよくば週一回!多くても週2回車を出せば済むもんね。

この日はワタクシがお迎え当番だったのですが、仕事が遅番でまだ家にいた◎ちゃんにお迎えを押し付けましたお願いしました。
4時間授業でお迎え時間が11時40分、帰宅時間がだいたい12時なんですよねぇ。
なんで、◎ちゃんの遅番とワタクシのお迎え当番が重なるときは、できる限り◎ちゃんに押し付けるように◎ちゃんにお願いしています。
だって、この時間のお迎えだとお昼ご飯の支度と重なって面倒くさいんですもの。

でね、タニヤを送り届け、次にトビの家に行くと何やら家財道具の移動だかをしており、○ちゃんも少し手伝ってきたらしい。
そん時できたてのバオムハウスが披露され、宿題が終わったらゼッツが遊びに行く!という約束をして帰ってきました。




さて、バオムハウスって何?ってことですよね。
バオムハウスってやつは、こんな感じで木の上のほうに作っていくみたいですよ。



バオムハウスの作り方


そして、木の上に作るのではなく、地面に建てるタイプのバオムハウスってやつもあるようです。


→続きを読む
【2009/05/22 12:33】 | マチカワールド・ゼッツワールド | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
不良品
ちょっと古い話になりますが、ゼッツはイースターに嬉しいプレゼント攻めにあいました。
子供時代にこーんな経験が少なかったワタクシ、なんとも羨ましい限りでござります。
注)最近のマチカへのプレゼントは、商品券か現金ってことになっています。


ただね・・・・・喜んだ後に落とされた、と言うか・・・・・。


ゴッドマザーであるレーズンが用意してくれていたのは、ゼッツ待望のゲームボーイもどき(任天堂のじゃありません)だったのです。


ゲームボーイ


日本でもあちこちで見かける某でっかい玩具会社オリジナルなんですって。
だから、お値段もちょっっぴりお値打ち。
なんだけどね・・・・・電池を入れようと、いくらネジを回してもネジが出てこないんだってばさ!!→蓋が開かない。→電池を入れられない。→遊べない。


そしたらマルコが横から、「家のもそうだった」って言うじゃありませぬか。
しかも、某でっかい玩具店へ行って「カクカクしかじか・・・・・」と説明すると、「そんな事があるハズはない!」って言われたんだってよ。
「じゃあ!」ってんで、店員にネジを取り出してもらってみたならば・・・・・やっぱり出てきませんでした。
当たり前だけど、同じ商品を持って来てもらい「今ここでネジを回して、蓋を開けてくれ!」と言ったら、「はぁ?」という反応だったらしい。
それでも目の前で電池を入れてもらったら・・・・・これもネジが出てきませんでしたとさ。
次に持ってきてもらったものでやっとこさ合格だったそうで一件落着!!→謝罪の言葉くらい欲しいもんだけど。





スクーターお次にゼッツがゴッドファーザーからもらったものは、スクーター!!
ゼッツがもらったスクーターは某お値打ちスーパーで運良く見かけてゲットしてきたカーズのものでした。
こちらはお借りしたきた写真ですが、ゼッツがもらった物も、こんな感じでカラフルでした。
めでたし!めでたし!






のハズだったんだけどね・・・・・ちびっこギャングが乗り回すうちに、タイヤがはずれたり、あげくの果てには修復不可能になってしもうた。
いくらギャングが全力疾走したからと言って、まだ2日目なのに・・・・・。

しかも・・・・・

レシートないんですけどぉ。

→続きを読む
【2009/05/19 12:20】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
フィアムング~堅信礼
今年の母の日は、マチカの堅信礼と重なりました。
よって我が家の母の日はバッタバタだったのですが、それは良し!としましょうぞ。

堅信礼を受けることのできる教会は、その年によって変わります。
今年は我等が州では、3月18日から10月18日までのあいだに53の教会であります。
堅信礼の前には神父さん主催のセミナーが何度も行われ、予め堅信礼が執り行われる日付と場所のリストがもらえるので、どこの教会でで堅信礼を受けるかは自分たちで選ぶことができます。
わざわざ遠くの教会を選んで、食事&観光などを楽しむ家族も少なくありません。
マチカは証人をレーズンにお願いして、家から一番近い堅信礼の執り行われる教会を選びました。
そこの教会で堅信礼がある日が、母の日だったのです。





フィアムング1


この日の堅信礼は8時と10時半にあったのですが、マチカは10時半の予定。ホッ!!
9時半出発の予定だったのに、ギリギリになって「9時15分に出るぞ!!」と言いだす●ちゃん。
車を玄関前のつけ、アクションと言葉で急かす!急かす!
車の中で文句をブチブチとたれてやった!
そしたらどうだ!「出発の30分前には完了しているのが普通だ」だとぉ。
いっつも、出かけに皆を待たせてるのは何処のどいつだよっ!!!

車を停めて、教会まで歩いた道でマイバオムをパチリ!
今年は、隣村のマイバオムが切られちゃったそうです。→超パインリッヒ!(この場合:面目が立たない!恥ずかしすぎる!)
注)堅信礼とはまったく関係ありません・・・・・。




フィアムング2

教会の前で、堅信礼を受ける本人と証人用に、この様な胸飾りを売っていました。
飾りに付いているお写真は、我等が州の教会の最高峰であるビショップフのもの。

レーズンが二つ買って、二人が胸に付けました。
1個8ユーロ!!って、ぼろ儲け?
まっ、記念ということで・・・・・。





フィアムング

堅信礼が始まる約1時間前に到着してしまった我々・・・・・と、小さな教会の前は、すでにこーんな人混み。
写真の右端からすぐの所に教会があり、石畳の通路の左側は墓地となっておりました。
ご覧のように、ろうそく等を売る屋台まで!
教会の前の道路には、お祭りに立つのと同じ屋台まで出ていたし!!

そして、何かを探す様に人混みをぬって歩き回っているおじさん一人有り。
写真屋さんの手先(!)で、記念写真の撮影客引きでした。
マチカとレーズンも何処へやら連れ去られ、戻ってきたときには支払いすませてました。→5枚で50ユーロ!!





フィアムング3

30分ほど前に教会に入って、席をゲット。
後ろの3列を除く全座席が、「堅信礼を受ける者及び証人のみ」のための予約席。
この写真を撮ったときはガラガラでしたが、ミサが始まる頃には満席でした。

でね、堅信礼というのは長ーいミサの途中に行われ、堅信礼を受ける者が証人とビショップフの所(祭壇の前)まで出て行って、額に十字を切ってもらうだけみたいでした。→無宗教論者の弁
ゼッツ とワタシ以外は、「よかった!」と言うのですが、ミサが始まるまで30分もあり、その後ミサ~堅信礼~ミサが1時間半もかかって行われたのですよぉ。→2時間位かかると聞かされていたんですけどね。
ゼッツは、ミサが始まるや「いつ終わるの?」を繰り返すし、ゼッツを抱っこしているワタシは足が痛いし、それから・・・・・出かけに急かされるまま車に乗り込んだワタシの膀胱が何やら訴えるし・・・・・。
大変だったのです。


→続きを読む
【2009/05/16 12:58】 | 奥地利の文化・習慣 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
トラハテン騒動
クリちゃんとサンちゃんの我等が州式結婚式が、10日後に迫ってきました。
二人の結婚式は、トラハテン(ウエディングドレスではなく、民族衣装調の服装で行う)ということ。
クリちゃんの証人を引き受けた○ちゃん・・・・・とうとう「我等が州のトラハテンを買う!」と言い出しおった。

だけど一人で買いに行かせたら、絶対に不要なものまで買ってくるに決まっている。
それでなくてもトラハテンを買うってことは、お財布がかな~り軽くなるってことなのだ!
ってなことで、ワタクシも一緒に出かけました。

目指すは、トラハテンのお店のなかでも格式高きハイマットヴェルク。
お店のお姉さんの接客で、ジャケットベスト・・・・・と、瞬く間に決まっていきます。
ジャケットベスト、パンツまでは順調そのもの。
この際、値段のことは目をつぶります・・・・・つぶれるところではね。
なんたってハイマットヴェルク!安くあがるはずがない。

しかーし!シャツを選ぶ段になり、2枚のシャツを出してきたお姉さんに「どちらにします?」と聞かれた●ちゃん、何と言ったか想像できます???
「両方もらいます」って・・・・・有り得ないし!
お姉さんもちょっとビックリしたようで、ワタクシのかなり尖ったちょっと尖った否定形の言葉に同意してくれた雰囲気。
そこで●ちゃんは、気に入ったほうの一枚を取りました。

お次のネクタイも問題なし!
で、これまでに決めた衣装を試着してみることに・・・・・。
パンツの長さを見るため(●ちゃんてば、スニーカーで行ったもんで)、お姉さんがトラハテンの靴を出してきてくれたので、履いてみました。
総合してOK!だったので、やれやれと思った矢先、「ベルトを買う」と言い出した!
「ここでかよっ」と思ったものの、ワタクシ我慢しておりました・・・・・。
そしたら調子にのった●ちゃん、靴まで買うような素振りをみせよった。
お姉さんが靴を取りにいった隙に、「ここで靴は買わないよっ!靴屋はいっぱいあるんだからねっ。」とトドメを刺したつもりだったが、「履いてみるだけ」と、のたまりおった。
ほんで、お姉さんと勝手に買う方向で話してやがる。
そして・・・・・買った。

店を出て荷物を車に置きに行く●ちゃんに、「一人で列車で帰るっ」と背中を向けたワタクシ。
そのままゼッツにも結婚式用にトラハテンのシャツと靴下を買うべく、庶民の衣料デパート巡りへ。
でもね・・・・・なかった!
しょうがないので、別のやや格式の低いトラハテンショップへ。
そして、目的の品をゲットしました。


注)すでに子供のある二人が結婚式を挙げることを、我が州式の結婚式と言います。


→続きを読む
【2009/05/13 17:18】 | 奥地利の文化・習慣 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
バタバタ母の日
母の日の前日、ゼッツと○ちゃんは「明日は7時に起きる」と申しておりました。→私は、まだベッドから出るな!ってこと。
マチカは普段6時起きで、遅くとも6時半には目が覚めてしまうので、打ち合わせの必要なーし!

ベッドのなかで誰かが起き出していく音や、ドアがバン!と閉まる音を聞きながらも、まだ半分寝ていたら・・・・
ゼッツが、「どのズボン履けばいいのぉ?」って聞きにきた!
もう完璧目が覚めてしもうた。
そして数分後には、ゼッツが「もう起きてもいいよ~」と呼びにきた。





ごそごそ起きだして、キッチンへ行くと・・・・・


母の日2

テーブルの上が、こんな具合になっておりました。


マチカが学校の手芸の時間に作った刺繍入りの小物入れ

アーップ!!

↓↓↓


母の日4

にして見せびらかしちゃいます。




ゼッツからは、ドイツ語だか総合の授業で作ったと思われるカードが2枚&忘れな草の影になっていた箱。
チョコレートは、○ちゃんが買ってきたものと思われます。→そろそろワタシの好みを覚えて欲しぃなぁ。

贈り物をジックリ見る前に、ゼッツが学校で習ってきた母の日の詩を暗誦してくれました。





母の日3

これが、忘れな草の影に隠れていた箱。





母の日1

中から出てきたのはコレ!!


「見て!紐の長さを調節できるんだよ。」、「気に入った?」と、ワタシより嬉しそうなゼッツでありました。
お返しにギュッ!とハグ。
マチカは、ワタシのほうがギュッ!としてもらいたいってな程に成長してしまったので、「ありがとう」って言ったら、はにかんでおりました。

→続きを読む
【2009/05/11 11:10】 | 日々の暮らしのなかから | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
今年の花粉症
奥地利は、花粉症シーズン真っ只中!!


日本にいた頃からひどい花粉症に悩まされていたワタクシ。
そんなワタシが現在暮らしている環境というのがコレ!




森

コレ!ぽろ家の庭から撮った写真です。
花粉症持ちには、キツイと思いません?






スギ花粉


風が強い日にゃ、こんな光景だって繰り広げられるんです・・・・・目の前でね・・・・・。
こないだも向こうの空が真っ暗になり、ぽろ亭(勝手に命名)近辺では突風が吹き始めたので、ころがっていくバケツをつかまえた後は素早く家の中へと退散しました。
2階の窓から外を見たときには、木から煙が出ているのかと思ったべよ。

注)上の写真はワタシが撮影したものではなく、お借りしてきたもので日本のスギ花粉です。
こんな写真を撮りに出かけようものなら、目が真っ赤になり、鼻水ダラダラになること間違いなし!だろう・・・・・。





花粉

これは、雨上がりの卓球台。
テラスのテーブルなんて、一日に何回吹いたって追いつきゃしない程に花粉が積もります。
こんな状況のなか、我等の洗濯物はずーっと家の中にしか干していません!!

→続きを読む
【2009/05/08 20:20】 | 日々の暮らしのなかから | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
| ホーム |