スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
テリトリーをご案内 その2
こんにちは!黒猫のキキです。
この前アタシの庭の花たちをお見せしてからまだ数日しか経っていないけど、原っぱに別の花々が咲き始めたので、今日もアタシについてきてね。
今日は前回にも増していっぱいあるのだニャン。
覚悟して見てよね!!





wiese 5


この花は、ぽろ亭のまん前の原っぱに咲いているのを見つけたのよ。
ぽろが、こわごわ(原っぱってダニがいるし、アタシが毎日のように玄関前まで持ち帰るネズミの捨て場所になってるし!)草むらに足をつっこんで撮ったのよん。

 






wiese 6


おなじみマーガレット。
庭に生えてくることも多いので、芝刈りの時にマーガレットの芽を残しておく人が多いかな。
庭では群生することも多く、庭にマーガレットの小島みたいなのができて可愛いのだ!
ぽろ亭でも以前は残してたけど、ご亭主が芝刈りをするようになってからは、いちいちチェックしたくないらしく全部まとめて刈ってしまう・・・・・。








wiese 7

この花はそんなに背が高くなくて、原っぱに埋もれて咲いてるよん。









wiese 9

この花も原っぱに埋もれて咲いてる。
右側に映ってる白くてちっこい花も、頑張ってるよ。









wiese 11

この花は更に背が低く、小っちゃくて球状なんだよ。









wiese 12


上の写真のこの花は、お天気のせいか薄い色に見えるけど、本当はこんな色なんだよ。
かたまって咲いてることが多く、(それとは関係ないけど)毒があるのでお子ちゃまが口に入れないように要注意!!
ちびっこギャングのお母さんが、まだギャング達がいない頃仕事帰りに片手にいっぱいのこの花を摘んできて、居間のテーブルの上に飾っていたなぁ。(ぽろの回想)








wiese 10

ききょうみたいで可愛いっしょ!!









wiese 14

この花は原っぱではなく、薪小屋の脇にいっぱい咲いてまーす。









wiese 15


これは Taubnessel (タオプネーゼル  オドリコソウ属だって!)といって、花びらを集めてお茶にすることができるよ。
一度ぽろも集めたことがあるけど、残念ながらハーブティーが苦手なので飲めませんでした。








wiese 16

これは、タオプネーゼルのピンク系









wiese 18

 


上のこの花も、下のこの花も、原っぱのすぐ横、森の手前に咲いていたよ。



wiese 17
      





 


wiese 19


これは、Gaensebluemchen。(本当はGanseblumchenと書き、a と u の上に各2個点々が付く)
ちっこい花で、芝刈りをした後から出てくるかな。
辞書をひいたら、「ヒナギク、デイジー」ってあるけど・・・・・違わないか?
右側の花のふちがなんとな~く赤いでしょ?
それは、子供時代のキリストが遊んでいて触った花だからなんだってさ。








wiese 20


ほんのちょっぴりのわすれな草と、Brennnessel(プレンネーゼル イラクサ)
昔読んだ「嵐が丘」にイラクサが出てきて、触ると「痛い」とか「とげ」とかって書かれていたので、ぽろはバラのツルみたいなのを想像していたらしい。
奥地利に来て初めてイラクサたる物に出くわしたらしいけど、このイラクサってやつには「とげ」とは思えないけど、確かに小さな小さな透明っぽい「とげ」が無数にあって、触ると痛く&いつまでもヒリヒリするのだなぁ。
見た目は「とげ」というより、「毛」みたいなんだよ。
奥地利の人間は、(触ってヒリヒリすると)「血行がよくなる」とか、「健康によい」とか言うけど、ぽろは「健康だろうが何だろうが絶対にごめんだ!」と思っている。
だいたいプレンネーゼルのプレンを動詞にすると、「焼ける」とか「ひりひりする」とか「(焼けつくように)痛む」って意味なのだ。→そのまんまのネーミングやん!!

で、このプレンネーゼルを数日バケツの中で水に浸けておくと、とてつもない悪臭を放つようになる。
それを葉ダニのついた植物にかけると、ダニがいなくなるらしい。
自然の殺虫剤ってとこですかね。

また、プレンネーゼルの葉でお茶をだしても健康によいのだそうな。(血行がよくなる)








wiese 13


こちらは、野生のほうれん草
先っちょの柔らかい部分だけを指でプチッとちぎり、お好きな調理方法でお召し上がりくだされ!
ぽろは、ゆがいてオカカと醤油で食べてるみたいよ。
アタシは食べないけどね。
畑で採れるほうれん草と、まったく同じ味がするんだってさ。








wiese 21


最後に、こないだぽろが書いてたチコリの若芽がちょっと成長した図。
ここまで育つと、サラダにするには歯ごたえあり過ぎ!!
この状態から茎が出てきて、花が咲くんだよ。

ってなことで、今日はこれくらいにしとこっと!!
ご満足頂けましたでしょうか?





日本でも見る花、いくつあったかな?
    
バナー
 
スポンサーサイト
【2012/05/28 08:12】 | キキのつぶやき | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
一人里帰り2012⑩~家路
とうとう日本を去る日が奥地利へ帰る日が来てしまった。
考えてみたらワタシ、日本へも「帰る」し、奥地利へも「帰る」のよね。
帰る国がふたつあるってのは嬉しいかも♪





セントレア

名鉄ミュースカイライナーの車窓から見たセントレア島!!とは言わないか・・・・・。





フィンエアー

最近ごひいきにさせてもらっているフィンエアーの機体。
欧州-セントレア間は、ジャンボは就航していないと思われる。






離陸

ターミナルを横目に、あまり嬉しくない離陸・・・・・。






ロシア上空

ロシア(シベリア)上空。雪が少ない?






軽食


そして、フェイントであり、すっごく嬉しかったヘルシンキ到着前に出た軽食、焼きそば!!
今回のフィンエアーの食事、今までと比べてグレードアップしていた。
前回(1年半前)の軽食、朝食がいただけなかっただけに、感激の一品でした。
とは言え、前回の食事に懲りて日本発のときは、必ずコンビニでおにぎりを仕入れて乗るのだけどね。
今回5個を購入して、移動中4個を消化、1個は自宅で食べました。→残すもんかっ!



→続きを読む
【2012/05/25 10:00】 | 日本滞在記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
一人里帰り2012⑨~ブルーノートへのプロローグ
なかなかアップできないでいる日本滞在記も、やっと終盤線。
今回と残り1回で終了予定です。
あと少しだけお付き合いくださいませ!


**************************************



先日の記事に書いたブルーノートへは、よしちゃんの運転で向かった。
この日よしちゃんには美容院のアポが入っていたので、その間ワタシはフリータイムを一人で楽しむことにした♪





ライオン


まずはワタシだけ、こちらのライオン像でお馴染みのデパート前で下車!!
取りあえず、ピカピカのお手洗いへ直行。

そしてランチターイム!!
車中「よしちゃんに、こんな格好で行ってもいいかな?」と聞くと、チラッと横目で見て「う~ん、いいんじゃない?食べたいものを食べれば!」とのこと。(無理やり言わせた?)
いざっ!ライブモードスタイルで一人、餃子の王将へ。
どうしても食べたかったのよ、チャーハン&餃子がね。→ 大満足!
えらい汗かいたけど。

その後、やぼ用で小さめジャンクションとなっている駅へと向かう。
そこでさ、ワタシのアンテナに引っかかってしまったのよ。
赤い服を着たおじさんが持っていたプ・ラ・カ・ー・ドがね。
おじさんは構内で献血を募っていた訳で、プラカードには血液型別に「A型は何人分、B型は何人分・・・・・が至急必要です」とあった。

「さて、どうする?」と考えてしまった訳だ。
やぼ用を片付けてからもう一度何気なくおじさんとすれ違い、献血場所をチェック!
を採られるって怖いよなぁ・・・とビクビクしながら、一応献血センターへと向かった。
まだ迷っていた・・・・・ヒジョーに迷っていた。
取り合えずエレベーターに乗ってみたならば、扉が開いた所はすでに献血センターの開放的な入り口で、係りの人が待ち構えていた。
にこやかに「どうぞ、こちらへ!」と言われて、腰が引けたままワタシは「す・・・すみません。時間はどれくらいかかりますか?
そしたら、「そうですね。余裕をみて40分と、10分ほど休んでいってもらいます」とのことで、わざとらしくおもむろに時計を見て、「それでは次回に・・・」とそそくさ逃げ出してしまったワタシであった・・・・・。
情けなさすぎっ!!

チラリと垣間見た献血センターの中には、ベッドがいくつも余裕を持って並べられていた。
そしてを採られている人達は、ベッドに一台づつ備え付けてあるテレビで好きな番組の見ておられた。
手前の休憩所では、すでに献血を終えたと思われる方々がローリーを飲みながら、腰かけていらした。
次回は挑戦するかも。
その後に知ったのだが、ガリガリの我姪っ子が献血センターの常連らしい。
ワタシも年齢制限(あるのか?)にひっかかる前に、一度は体験してみようかと・・・・・。←ホントかなぁ

そして献血センターから逃げ出したワタシは、再びライオンのデパートへと引き返し、化粧品売り場でちゃっかりライブ用にお化粧をしてもらったのであった。
一応ちょっとだけ購入も致しましたがね。





献血したことある人?
献血したことない人も!
     
バナー
 
→続きを読む
【2012/05/22 09:37】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
冷たいソフィー~寒の戻り?
先週の土曜日盆栽博物館で35周年記念パーティーのお手伝いをした日に、冷たいソフィー(ゾフィー)がやって来た!!
すでに天気予報で「この日は寒くなる」とがなっていたので、ワタシは普段着の下にシッカリ下着を着込んで行ったのである。
そしたら蒸し暑いのなんの!で、着いた早々に下着を脱ぎ捨てた!

ところが夕方に降り始めた大粒の雨がやむと、あたりの空気が一気に冷たくなっていた。
料理の盛りつけやら、ビュッフェの料理を補充やらで、外へ中へと走り回っていたワタシたちには寒さも苦にならなかったけどね。








kalte sophie 2


バケツをひっくり返したような雨がやんだ翌日には、山の上がこんなんなっていた。
5月15日は 「kalteSophie =冷たいソフィー(ゾフィー)」と呼ばれ、奥地利では毎年この前後に寒の戻りがある。
今年は5月12日だったってこってすな。








kalte sophie 1

こっちの山は、粉砂糖を振りかけられたみたいになっていた。









kalte sophie 5


お子ちゃま向け映画 「ルドルフ赤鼻のトナカイ」に出てくる氷の女王の名前も、ソフィー(ゾフィー)という。
寒の戻りが「冷たいソフィー(ゾフィー)」と呼ばれるのと氷の女王が「ソフィー(ゾフィー)」なのは、無関係ではないと思われる・・・・・よね。
この氷の女王の画像をお見せしたくて検索したけど、一枚も見つからないって・・・・・ソフィー(ゾフィー)って相当嫌われてる???








kalte sophie 3


その後お天気がよくなり雪景色も爽やかになったけど、吹く風が冷たいのだなぁ・・・・・。
明日はぽろ亭で今シーズン一発目のバーベキューの予定なので、もうちっと暖かくなって欲しいものだわ。

→続きを読む
【2012/05/19 09:08】 | 奥地利の文化・習慣 | トラックバック(1) | コメント(6) | page top↑
テリトリーをご案内
こんばんは!!黒猫のキキです。
今日はアタシのテリトリーのほんの一部をお見せしようと思って、ぽろに写真を撮ってもらったのだにゃん!!


 
原っぱキキ


まずは、最近のアタシのお気に入りの場所から。
お天気が良い日にここで日向ぼっこすると、ぽっかぽかして気持ちよいのだ。








原っぱ12


では、参りましょうかね。
こっち側はご亭主が芝刈りをした庭、あっち側は牧草が伸び始めた原っぱで、今のところアタシのかくれ場所。
でもね、ぽろの背丈くらいに牧草が伸びる6月末になるとトラクターがやって来るので、その時はサッサと逃げないとえらい目にあうのよ!!
まだぽろが奥地利に来る前のことだけど、ぽろ亭の子猫が逃げ遅れて後ろ足がトラクターに巻き込まれちゃったらしいのよね。ブルッ!!

このあいだご亭主が伐採した木の枝をぽろが積み上げた場所が、分かるかしらん?
向こうの方の森の手前にある茶色のかたまりがそれ!(写真の右半分で探してね

原っぱは、黄色、所々白でしょ!
その正体を、これからお見せするわね。








harappa9

はぐれない様に、ついてきておくんなさいましよ!!って、これはぽろが使う言い回しか・・・・・。









harappa5


黄色の正体、こちらでーす!!
ぽろたちは、Butterblumen(ブッターブルーメン。直訳 : バター花)って呼んでるよ。
英語では、buttercup なんだって。
毒があるとかで(多分弱いものだと思うけど)、お母さんが小さな子供に「あれは取るな!」とか、「触るな!」とか言ってるのを見かけるのだにゃん。








harappa1


白の正体はこちら!!
Schafgarben (シャーフガルベン)じゃないかと思ったら・・・・・ちょっと違うか?
前に奥地利にいた駐在員さんの奥さんは、「レースフラワーじゃない!日本だと花屋さんに売ってるんだよ」と言っていたけど、この辺には捨てるほど咲くからなぁ・・・・・ここじゃ、売れないわねぇ。








harappa3


これは、ちょっと見レンゲのお化けみたいでしょ!!
でも違うんだよなぁ。
あぁ、通学バスの中から見たたんぼ一面に咲くレンゲを、もう一度見てみたいものだわ。

ぽろに草花、きのこのハンディブックを探してくれと頼んだんだけど、どっかに入り込んでしまったみたいなので、以下花の名前が判りませんが、あしからず・・・・・。








harappa2

こんなの日本でも見かけますか?









harappa4

これはこれからがシーズンで、本当なら花びらがもっと長くなります。








harappa7

これは又珍しく地味な色合いですね・・・・・。








harappa8

これって、昔日本でも見た覚えがあるのだけど、もしかしたら勘違い?



ってな感じで、アタシの庭をご紹介しました。
ほとんどの写真は昨日撮ってもらったもので、今日は朝から雨が降ってて寒いっ!!
アタシは大丈夫だけど、ぽろなんか暖房のスイッチ入れちゃったもんね。
まぁ、昨日植えたサラダ菜みたいな苗には恵みの雨だけど。





それでも明日はお天気になって欲しいわん・・・・・にゃん!!
    
バナー
 


【2012/05/16 12:28】 | キキのつぶやき | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
盆栽博物館35周年パーティー
今日は母の日。
今朝は、○ちゃんに起こされる10時までグースカ寝てやった。
昨晩は22時にベッドに入ったので、12時間寝たことになる。
実は横になっている時間が長すぎて、途中から腰が痛くてしょうがなかったのであるが、それでも寝てやった。

というのも、昨日トミー仕切っている働いている盆栽博物館の35周年の大きなパーティーがあり、そのお手伝いをして疲れちったのだな。





bonsai1


ワタシは十八番の春雨サラダを大量に頼まれて、前日の夕方6時から人参を切り始めた。
人参の千切り6kg分だけは、どうしても前日に切っておきたたかったのでね。
人参を切り終わったらベッドへ行くつもりだったのだけど、あまりの誤算(3時間半かかった!)に何やら不安にかられたワタシは、そのままきゅうり40本の千切りに突入した。
人参の千切りが入っているバケツは10リットル用です。
この時点では、まだ写真なんぞを撮ってる余裕があるにはあった。

ぽろ亭にはベビーバスより大きめの容器があるので、そこで待機しているマリネ液(しょうゆ、酢、サラダ油各2リットルなど)の中に、切った材料をぶっ込んでいった。
人参切りの終盤にかかった頃から、「え?今までより人参が硬い?」ってな感じで包丁が入らなくなってきたのは・・・・・二の腕が筋肉痛になっていたぁ!!
きゅうりに関しては、最初いつもより細めに切っていたのが、途中から雑な切り方にしたおかげでかなりスピードアップできた。
春雨2kg弱は、まぁ何とかクリアー。
最後の鶏胸肉6kgが、これまた面倒くせかったぁ・・・・・白ワインで蒸して(レンジ使用)、全部細かく裂いていったのだなぁ。
特大ベビーバスに入った具は、一種類の材料が切り終わるごとに手袋はめて混ぜくりまわしてやった。








bonsai2


なんだか外から「ピチピチ」だの「カッコー」だの聞こえ始めたかと思ったら、空がしらじらと明けていった。
「ここまでやっとけば、後は明日の朝で仮眠後でも大丈夫だろう」という時点でバケツにサラダを小分けして、午前6時にベッドへと向かった。
残りの材料を足してから手袋して混ぜくり合わせられるように、バケツには余裕を持ってぶち込んでおいた。

途中○ちゃんが何度も見に来て、「もう寝ろ!」だの、「明日じゃいけないのか?」だの、仕舞いには「どうして昼間から始めなかった?」だの・・・・・「うせろ~!!」ってことよね。
テレビの前で完璧に寝ている●ちゃんに「もうベッドへ行けば!!」と言うと、「まだ見てるんだ!!」と怒るクセにさっ!

→続きを読む
【2012/05/13 19:08】 | 日々の暮らしのなかから | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
安全オリンピック
奥地利全体なのか、ここの州だけなのか知らないが、小学4年生のこの時期になると Sicherheitsolympiade(直訳 : 安全オリンピック)なる行事がある。
ここの州は10の地域に分けられているが、今日は我々の地域で「安全オリンピック」が開催されたので、ワタシも見学に行ってきた。

学校対抗でいくつかのゲームで競い、1等賞になった小学校が州大会に勝ち進む!!





sicherheitsolympiade 4


開会式ぃ!!を前に出場者整列。
5色だか6色だか色違いのTシャツと野球帽が用意されており、全部で12の学校が出場。
我等が地域の小学校は10校らしく(子供の数が減って、数校閉鎖されたからなぁ・・・・・)、2校は山の向こう側のイタリアの小学校が招待されて参加していた。
国境の州ならではですなぁ。





sicherheitsolympiade 1


オリンピックですから、各小学校から1人づつが旗を持って入場!!
ゼッツたちは、紫色のTシャツだった。
マチカたちは黄色だったけど、未だに時々パジャマとして登場するくらいにビッグなサイズのものが支給された。
まぁね、ちゃんとTシャツとして着れちゃうくらいに大きな小学4年生もいるからねぇ。
ゼッツなんか、「これって、ワンピースですか?」ってな格好になってたけど・・・・・。





sicherheitsolympiade 3


オリンピックですから、聖火入場!!
夏の夜に外に座っておしゃべりする時などに火をつけて立てておく竹素材のタイマツ(?)だった。





sicherheitsolympiade 2


オリンピック旗もたなびき、聖火も点火されて、オリンピックが開始された。
一番左にあるのは上手くカムフラージュされたはしごで、聖火ランナーウォーカーがはしごを数段上って点火したのだった。





sicherheitsolympiade 5


安全オリンピックですから、各学校から一人づつ出て心臓マッサージ&マウス to マウスに挑戦。
赤十字のおじさん、お兄さんのデモンストレーションを見てからトライ。
手袋をして、マウス to マウスの際はビニールを間に置くって・・・・・知らなかった。
スティンアライブの音楽に合わせて押してましたねぇ。
かなりハードなようですが、これは競技ではなく得点なしでした。






sicherheitsolympiade 6-1


どの競技も2チーム対抗戦。
最初のゲームは各チームの一人がサイコロを振り、その他の生徒が司会者が読む安全に関する問題に答えるというもの。
ゼッツがサイコロを振りました。
そして最高得点確保!!





sicherheitsolympiade 7


お次は、一人がスタート地点からクネクネ自転車を運転しながら、中間地点にいる仲間の伝達事項をゴールまで運ぶというもの。
これも最高得点ゲット!!
自転車が障害物を全部クリアーしたかどうかとチェックしてくれたのはポリスマンとポリスウーマン。





sicherheitsolympiade 8


競技の合間には、救助犬たちが日頃の訓練の成果を披露。
訓練士さんたちのユニフォームは赤十字のユニフォームだけど、ズボンに付いているポケットの中にはご褒美が入っていた。





sicherheitsolympiade 9


3つめの競技には、消防士さんたちが立会い。
バケツ1杯分の水が入ったポンプを二人がこぎ(?)、一人がホースで水を穴を狙い・・・・・





sicherheitsolympiade 10


一人(ゼッツ)が裏で、出てくる水がバケツに入るように番をする&たまった水を司会者のところまで運ぶ。
あははぁ・・・・・ゼッツってば、いつもながら地味な役回りばっかだぁ。





sicherheitsolympiade 11


最後の競技は9人が9個の大きなサイコロを取りに走り、積み上げてパズルのように絵を完成させるというもの。






sicherheitsolympiade 12


我々の課題は「火」ですね・・・・・すっごく速く完成させたのである!!
やったぁ!! この時点で2位だったのよね。
この後2点違いでトップを行く小学校の競技があり、彼らも最高得点をゲットしたため、結果は2等賞に終わった。
みんなガッカリ・・・・・しばらくはね。





sicherheitsolympiade 13-1


だけど、最後はにっこり記念写真。
2等賞のトロフィーと、クラス全員ゴルフの体験レッスンをご褒美にもらいましたぁ。
よかった!よかった!!


しっかし・・・・・4時間太陽の下にいたら(見学してただけだけど)滅茶苦茶疲れて、午後座ったままで船を漕いでしまったわ・・・・・。
→続きを読む
【2012/05/09 21:37】 | 幼稚園&学校 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
魔女のいる薬局~花粉症途中経過
ちょっと前にも書いたけど、今年のワタシは花粉症対策でヘクセ(魔女)のお世話になっている。
スクールバスの運転手、ビリーに薦められて最初にヘクセを訪れた際には「これ2瓶で花粉症が完璧になくなるから!」と言われた。
2瓶目を貰いに行った時には、「個人差があるので、2瓶終わってまだ症状が残っていたらもう1瓶取りにきて!でも、それで花粉症は消え去るから」と言われたのだった。

その2瓶目を服用し終わりかけたので、水曜日に薬局へと出かけた。
ここまできて今年の花粉症は、目の下にアイペンシルでアイラインを入れるとき気持ちよ~い♪という程度で済んでいる。
気持ちよくてやめたくないのだ!!目の下真っ黒になってもね。

ヘクセのいる薬局の開店は8時だけど(前回は8時前に到着したけど)それだと家を遅くとも7時半には出ねばならず、ちょっとばかり面倒くさいと感じてしまったワタシは8時に出発。
そして到着してみたならば・・・・・「今日ヘクセ先生はまだ来てないの。10時か10時半には来るから」と言われて、困ったワタシはKuraさん宅に無理やり押しかけた。
一人でお茶する気になれなくて・・・・・。

そして10時過ぎに薬局へ戻ったら・・・・・ヘクセは、すでに奥にこもっていた。あっちゃ~!!
ヘクセってさ、その場にいる1人~数人のお客さん患者さんの症状を聞くと奥にこもって調合を始める訳よ。
でもって、こもると少なくとも40分は出てこない!!
ワタシはいつも文庫本を持ってくんだけどね。
この日は11時40分に出てきて、「今日はもう無理だから、明日取りにきて!」と言われたぁ・・・・・。
でも文句言えないのだな、これが。

翌日は16時以降と言われたので、ついでにゼッツのサンダルを買おうと二人で出かけた。
16時ちょい過ぎに着くと・・・・・ヘクセは、すでに奥にこもっていた。
接客している従業員さんが、ワタシが来たことを伝えてくれたけどね。
すでに調合済みだったのか、ワタシの到着後に調合し始めたのか・・・・・とにかくヘクセが奥から出てこないと(従業員さんの手からは)瓶を貰えないのだわ。
途中許可をもらって、ゼッツと30分ばかり向いのトイザラスへ行き、薬局へ戻ると、なかはヘクセ待ちの人達でごったがえしていた。ビックリ!!
そんな人達を尻目に、ワタシは17時半に3瓶目を受け取って薬局を去った。

みなさ~ん、また明日お出かけくださ~い!!
ヘクセのお薬欲しければ忍耐よ!忍耐!!





ワタシはまだヘクセを信じています。
     
バナー


→続きを読む
【2012/05/06 00:54】 | 日々の暮らしのなかから | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
私はタクシーか?
土曜日はマチカのダンス教室の日。
レッスンが終わってから列車の時間まで1時間ちょっとあり、教室に登録した頃は日没が早かったので、◎ちゃんが迎えに行くことにした。
それが条件で、ワタシがダンス教室入会をOKを出したのだけど・・・・・。
マチカはといえば、「ママが1時間以上も私が一人で列車を待っているのを嫌がるので・・・・・(だからパパが迎えに来るのだ)」と言いふらしていた。
最近は夜が短くなってきてダンス教室終了時間も明るいので「列車で帰ってくれば?」と言ったら、それでも迎えに来て欲しいのだそうだ。
「はぁ?」と思ったけど、●ちゃんも後押ししよってお迎えは続行中。
でもって自分(●ちゃん)の都合が悪くなると(木を切ったり、畑をしてたんだけど)ワタシに迎えを強要してきた頼んできた。





V6


どうせ行くなら!と、早めに家を出てホームセンターやモールに寄った。
土曜日の午後はスーパーも含めたほとんどの店が18時に閉店するので、レッスン終了まで1時間の時間つぶし!
旧市街の路上カフェも、ほとんどが店じまいしていた。
人影もまばらだぁ・・・・・。
良いお天気だけど、歩行者天国が日陰になっちゃてるもんなぁ。





V4


市街を流れる川には、もう観光船が浮かんでいた。
マチカが通うダンス教室のある向こう岸で本でも読みながら待ってようと思ったけど、日向は暑くて・・・・・





V5


日陰側の石垣に座って読書した。
先週から2週続きでお迎えに送り込まれ、先週は寒くて向こう岸のカフェの中で待ってたというのに、1週違いでこうも陽気が違うとは!
今日はモールで大好きなキャラメル味のアイスクリームを食べたので、これ以上何もお腹に入れたくなかったしね。





V2


歩行者天国にあるスワロフスキーのショーウィンドーにあったミッキーマウス。
目がよく映ってないなぁ。





V3


ミニーちゃん!ミッキーと同じく目がわかりにくい&同じ料金ですね。





V1


最後にプルートで、ちょっとだけお安め!だけど、こんなにお金出して買う人いるのかなぁ・・・・・?





ワタシは買わないけど!
    
バナー
→続きを読む
【2012/05/02 09:00】 | 日々の暮らしのなかから | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。