スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ロゼック~野生動物園&メイズ
7月末から来ていたちびっこギャングたちが8月末に帰って行った週末に、久しぶりに家族でお出かけしました。
行き先は・・・・・毎年行っているロゼックの野生動物園。
日本語にすると大層な名前ですが、決してサファリパークとかをイメージしないでくださいな。

取り合えず、小山に配置された動物を訪ねて山道を一周するのがお決まりコース。
動物が配置されているとは言っても、かなーり歩くと孔雀がいたり、ルックスが1匹いたり(運がよければ姿を拝める)、山道で鹿とすれ違ったり・・・・・という、どちらかと言うと散歩がメインか?と思われるコースなんですけどね。





ロゼック2


こちら、ベトナムの豚さんらしいです。
近藤紘一氏のファンで、彼の作品はすべて読んでいるワタシは、「あぁ、ベトナムではこの種の豚を食べるんだぁ」と、最初に出会った彼の作品であるサイゴンから来た妻と娘を懐かしく思い出しました。
動物園で豚を食する場面を思い浮かべるなんて、不謹慎きわまりない?





ロゼック8


山道を散歩中に出会ったカモシカ???
多分ひなたぼっこしていたんだと思います。

散歩のあとは、屋台に毛が生えたような所で調理されたご飯を食べました。
これが以外に美味しくて、安くてビックリ!
腹ごしらえした後は、マチカとゼッツがエサを買って大盤振る舞い!
そして、ちゃーんとアイスクリームを食べてから出口に向かいました。→ゼッツ的には、アイスクリームを食べないと帰らない!みたいな・・・・・。



この日は、動物園とは道を隔てた所にあるメイズ・デビューも果たしました。





ロゼック3


入り口です!!なんか、由緒ある場所への入り口みたいですよね。





ロゼック5


こんな感じの生垣メイズです。
生垣が透けていて、隣りの通路が見えちゃうんですよねぇ。
だから、隣りの通路に出れば出口は目の前!ってのがわかっちゃうんですけどね・・・・・どーしても隣の通路までたどり着けない訳よ。
それは、それは何度も同じ所をクルクル回り、同じ女性と何度も出会い、結局彼女が我々より早く出口にたどり着き・・・・・





ロゼック4


橋の上から「絶対たどり着けるわよ!!」とエールを送られ、もう非常通路(生垣の数箇所に穴がある)をくぐればよか!よか!と思いながらも歩き回ってやっとのことで出口発見。





ロゼック6


今度はセットになっているとうもろこし畑メイズへGO!
このとうもろこし畑メイズは生垣メイズよりビッグです。
入り口の手前にとうもろこし畑メイズの航空写真があったので、シッカリ頭に叩き込んでから入っていきました。





メイズ


これは今年のとうもろこし畑メイズではありませんが、参考までに・・・・・。





ロゼック7


シッカリ迷路の形を頭に叩き込んでいったせいか、こっちのメイズは約10分ほどで脱出できました。
えっ!!両方で1時間かかったってことは・・・・・ワタシたち、ちっこいメイズの中を50分もウロウロしてたってことぉ?!
ですね。





クリックの程をよろしく♪
     
バナー
【2009/09/11 12:24】 | 旅&お出かけ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<電気ハエ叩き! | ホーム | カボチャなんだけど・・・・・>>
コメント
たのしそ~

シェーンブルンにもあるんですよね。
でも、動物園に行くだけで、言ったことがなくて、今年の夏何度も行こうと思いつつ・・・・・・もちろん実行していません。

寒くなる前に、行こうかなぁ~

それにしても、とうもろこし・・・・
この巨大迷路を10分?!
そして、ミニ版を50分・・・・
巨大迷路の方、頭にインプットしてなかったらどれくらいかかるんでしょうね。
でる方も大変だけど、作る方も大変そう・・・・・・

コレって、もしでられなくなったら、誰か救助しに来てくれるんでしょうか?
トイレなんぞに行きたくなったら・・・・・・
【2009/09/13 09:32】 URL | もりこ #-[ 編集] | page top↑
もりこさん
>たのしそ~

楽しかったよ♪
いつもは歩くのが嫌なゼッツも楽しかったって言ってたし、いつもは冷めているマチカも面白かったそうです。
もりこさんも、シェーンブルンで入ってみてね♪

>巨大迷路の方、頭にインプットしてなかったらどれくらいかかるんでしょうね。

頭にインプットしなくても、巨大迷路のほうが
多分簡単ですよ。
大雑把な作りというか・・・・・。

>コレって、もしでられなくなったら、誰か救助しに来てくれるんでしょうか?

生垣迷路のほうは、所々生垣に小さな抜け道があったので、どうしようもなくなった場合はそこをくぐるってことですよね。
【2009/09/13 17:13】 URL | ぽろ #ZB62fJv2[ 編集] | page top↑
うちの家の近くのお屋敷にも迷路があるんですよ。で、イタリアの迷路だしなんて馬鹿にしていたら、思いっきり迷子になりました(汗)最終的には、真ん中の塔にいる、係員に誘導してもらってどうにか脱出(大汗)ぽろさんたちは自力で出れただけえらい!

うちの主人は兵役免除でこの塔の見張り番をしていたそうで、いやーな感じの人が迷っていた時には、気付かない振りをしていたそうです。。。
【2009/09/17 15:06】 URL | Riccia #-[ 編集] | page top↑
Ricciaさん
お返事、非常に遅くなりました!(大汗)

>最終的には、真ん中の塔にいる、係員に誘導してもらってどうにか脱出

あはは!!上には上がってやつですね。
今度一緒に行ってみます?

>うちの主人は兵役免除でこの塔の見張り番をしていたそうで、いやーな感じの人が迷っていた時には、気付かない振りをしていたそうです。。。

笑える!!
因みに、○ちゃんも兵役パス組です。→視力が左右違いすぎて、コンタクトレンズを入れていたからだそうです。
できたらゼッツにも、兵役免除組に入って欲しいと思っている母です。
【2009/09/24 20:00】 URL | ぽろ #ZB62fJv2[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://okuchiri.blog104.fc2.com/tb.php/261-7984e3db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。