スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
家族が増えた・・・・・気がしない
この冬に、猫のシュヌーリーが病気で昇天してしまいました。
マチカの強い希望で、次はワンコを!!ということになっていたのです。
ドッグショーまで見に行ったし!
だけどここにきて「やっぱり猫だ!」と決定したものの、春に生まれた子猫たちがそろそろ大きくなり過ぎる頃でねぇ・・・・・。
貰ってくるなら今がギリギリの時なんだけど、今月いっぱいはちびっこギャングがいるからなぁ・・・・・来春まで待つことになるんだろうと思っておりました。
だから村の中を散歩中に寄ってきた人懐っこい黒猫ちゃんがいて、明らかにストリートキャットだと判り、ギャングたちに「連れて帰ろうよー!」と言われても心が動きませんでした。
いや!少し揺れたけど、あんたたちがいる間は有りえないわよっ!と思ってたのよね。

が!ギャング一行とラズベリー狩りへ行った帰り道、村人AとBに車を止められて「猫要らない?家なし猫がいて可哀想なのよ」と言われた猫がその黒猫ちゃんだったのです。
これは引き取るしかないと思ったのですが、猫2匹!というのが頭の中にあったので、翌日もう1匹を求めて Tierheim(動物の家)へと向かいました。
最近新聞に、「どこの動物の家にも有り余るほどの子猫がいて引き取り手を探している」という記事があったしね。
行ってみたら、以前捨て猫を引き取ってもらいに行った時とは見紛うほど立派な施設になっていてビックリ!
よかった!よかった!
でも・・・・・今すぐ引き取れる猫は2匹しかおらず、1匹はすでに生後6ヶ月で大きめサイズ、もう1匹は♀だったので躊躇しました。
すでに黒猫が♀であり(心が揺れたワタシはしっかりチェックしてた!)、2匹目のお腹も避妊手術で切るより、♂のほうが手術が簡単だからさ。
というのと、もひとつ・・・・・その猫が、狙っていたジンジャーキャットじゃなかったのもある。
猫ちゃん、ごめん!

という訳で、帰路黒猫ちゃんを藁の山から呼び出して連れ帰りました。
昨日は半日家の中で過ごさせました。
今日は、ずーっと家の前の森のなかに潜んでいます。
呼べば返事はするけど、出てきたり、来なかったり・・・・・なので、なーんか物足りない。
家族が増えたって気がしないんですよねぇ。




ともあれ、これだ!と思いついた「ジジ」という名前は「よくない名前だから」と却下され・・・・・


魔女の宅急便


黒猫の「キキ」ということで収まりました。






って言うか・・・・・


黒猫ヤマト



黒猫「ヤマト」でもよかったかな!と、本日運転しながらふと思ったワタシでした。




そんな黒猫キキには、とんだオマケもついてきたのですよ、これが!

昨日は初日だからキキには「ここが家だ」ということを理解してもらおうと、キッチンでお知り合おうとしていたのですね。
そこに村人Aの息子(ゼッツの同級生)が現れて、色々とまくしたててくれたのですわ。
「野生の猫なのに、どうして外にださない!」とか、「中に入れておいたら、糞まみれになることが目に見えている!」とか・・・・・。
思わず「黒猫は(野生ではなく)家の猫だ」と返してしまったワタシも大人気なかった。

その後テラスからは、ばあちゃんとのディスカッションも聞こえてきた。
掻い摘んでみると、
(黒字→ばあちゃん、青字→村人Aの息子

「黒猫は僕と僕の友達が育ててきた!僕と友達が黒猫の親なんだ!」
「だったら、どうして家に連れて帰らなかったの?」
「ぽろが先に欲しがったからだ!僕の家にはエサだって十分ある!」
「じゃあ、どうしてママとBがぽろの車を止めて、黒猫を貰ってくれない?と聞いたの?」
「ママは日のあるうちは喋りまくる!(→余計なことまで喋るってことかと) どんな訳でパオリーがキキなんて名前になるんだ!」

ってな感じね。
奴にとっては重大な事件だったのでしょうね。
重ねて、どうやらキキの父親が村人A宅の黒猫らしい。

虚勢手術も受けさせず野性の猫を増やして、可哀想だからと貰い手を探すってのはどんなものかと思うんですけどねぇ。
そろそ動物達の恋の季節第2弾がやってくるというのに・・・・・。





キキ


ついさっき、キキを寝床への専用出入り口に案内しました。
この写真だと判りませんが、出入り口のすぐ下から地面までは専用登り板が設置されております。
遊びながら案内した結果、下りはズリッと滑ってお気に召さなかったようではあるけど、一応理解してもらえたようです。
穴の向こうには物置と化している空間があり、壁を隔ててセントラルヒーティングの機械が置いてある間があります。
年中暖かい(夏は暑い!)暖房機械の間への壁にも猫専用出入り口があるので、奥地利の寒い冬にも凍える心配無用です。





キキ1


シュヌーリーがいなくなってからは、出入り口をゼッツの古い雪用ブーツを横に並べて塞いでいましたが(裏の猫出入り禁止のため)、今日からはブーツを縦に並べてキキだけが出入りできるようにしてみました。
念の為その向こうにある棚もずらして、キキサイズでなければ通れないように調整してございます。

これで、落ち着いてくれるかも??




本日もクリックの程をよろしく♪
     
バナー
【2010/08/21 16:25】 | 日々の暮らしのなかから | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<体験入学 | ホーム | フィンエアーとヘルシンキ・ヴァンター空港>>
コメント
わぁ~、可愛い黒猫ちゃん!
実家で昔飼ってた黒猫は、「ヤマト」だったのよ~。

村人Aの息子くんも、きっと突然のことで受け入れがたかったんでしょうね~。早く納得してくれますように。
【2010/08/21 22:24】 URL | Kura #-[ 編集] | page top↑
ぽろさん

お帰りなさい。

キキちゃん,かわいいねv-238

私もネコを飼い始めるときは黒ネコを希望していたんだけど,
つながったご縁は白黒ネコさんでした。
ま,どんなご縁も,つながればそれはそれは愛着がわくね。

ネコさん用の出入り口で,家と森と自由に行き来できるって,
キキちゃんにとってぽろさんちは願ってもない住処なのではないでしょうか。

我が家のワサビv-283が知ったらうらやましがりそうだから,黙っておこう・・・。



【2010/08/22 11:07】 URL | きりまき #-[ 編集] | page top↑
Kuraさん
Kuraさんの実家でも黒猫を飼っていたのね♪
でもって名前がヤマト?!
もっと早く思いついていたら、もしかしたら家のもヤマトだったかもねぇ~。

村人Aの息子君は、一応納得したみたいよ。
【2010/08/22 20:24】 URL | ぽろ #ZB62fJv2[ 編集] | page top↑
きりまきちゃん
ただいま♪日本では色々ありがとうね。

私は黒猫&ジンジャーキャット希望だったんだけど、黒猫のみとなりました。

>つながったご縁は白黒ネコさんでした。

黒猫を引き取ることになり、別の人からも「縁」という言葉を言われたよ。
必然だったのかしらねぇ。
うん、家は猫や犬、それから子供達にもよい環境だと思います。
そうだね、わさびちゃんには内緒にしときましょ!!v-392
【2010/08/22 20:30】 URL | ぽろ #ZB62fJv2[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://okuchiri.blog104.fc2.com/tb.php/307-efa4441d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。