スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
秋のキルヒターク
ここの村には教会が2つあり、キルヒタークという教会のお祭りも一年に二回あります。
(キルヒタークについてはこちらをご参照あれ→http://okuchiri.blog104.fc2.com/blog-entry-21.html

この日曜日と月曜日は、秋のキルヒタークでした。
6月の最終日曜日か、7月の第一日曜日にある晩春のキルヒタークは日曜日の一日ぽっきりですが、秋のお祭りは日月曜日と出血大サービスです。



グラーゲンキルヘ

秋は、渓谷のすぐ下にあるグラーベンキルヘ(グラーベン教会)のお祭り。
こちらの教会、6月~9月の第一日曜日のミサ、結婚式、そしてキルヒタークの他は、時折コンサート会場として使われます。
冬には寒すぎて、扉を閉ざしてしまうのです。
小さな教会ですが、マリア様を祀ってあり、時々観光バスでやってくる団体もありです
普段は教会のミサになぞ出かけもしないゼッツですが、イースター、クリスマス、そしてもちろん2回のキルヒタークのミサにはお出かけになります。
そしてキルヒタークのミサが終わったあとに行き着く先は、
                 ↓↓
                 ↓↓
                 ↓↓
                 ↓↓

キルヒターク(屋台)

どうやらゼッツは、でっかいトラクターが欲しかった模様。
しか~し!屋台の値段はべらぼうに高い!!ので、◎ちゃんの誘導で、おもちゃの懐中電灯(握る部分が透明でお菓子入り)を買って帰って来ました。
午後にクーフェンシュテッヘンを見に行ったときにも、おもちゃの携帯(お菓子入り)を購入。→めっちゃんこうるさい!!
まっ、ばあちゃんやインゲンにおこづかいもらったし・・・。
キルヒタークの屋台で何かを買うってのが、キルヒタークのお楽しみの半分くらいを占めているだろうし・・・しょーがないか。





キルヒターク入場

民族衣装に身を包んで、クーフェンシュテッヘン用の樽を手にした青年男子を先頭に、青年女子、馬に乗って樽を叩き壊す一行&音楽隊の入場!!
毎度のことながら、救急車と警察も控えておりました。




キルヒターク(民族衣装のイロナ)

ガイルタル(ガイル谷)の民族衣装を着たイロナ。
彼女、私が奥地利に来た頃はまだちっこくて、パンツいっちょで走り回っていたんですけどねぇ。
今は見上げるほどの長身です。




キルヒターク(後姿の民族衣装)

そして民族衣装の後姿。
このタイツを履くと足が太く見えるので、この辺りでは女の子の立派な足を指して「ガイルタラーバーデル」と言います。
注)バーデルって、ふくらはぎのことです。

          ↑↑
ここまでが日曜日の風景。



ここから先は、月曜日の午後の様子です。
          ↓↓


キルヒモンターク

月曜日のキルヒタークは極めて地味。
馬に乗る男性の出で立ちは、白いシャツにスカーフ&ジーンズ。
シャツの右胸には花を留めます。
この右胸がポイント!!
奥地利では、結婚指輪を右の薬指にはめるのです。→結婚式の参列者も胸に花を付けるのですが、既婚者は右胸に!独身者は左胸に!
と、話がずれましたが、写真の彼は赤ワインで一息ついてるところです。




キルヒターク(音楽隊)

地味な月曜日も、音楽隊だけは日曜日と同じようにやって来ます。
樽の辺りには村の声自慢たち(男性のみ)が集まり、馬が走る前には毎回必ずキルヒタークおきまりの歌を少しづつ唄います。→なかなか樽が壊れず、何度も走りなおさねばならないと、歌が最後まで唄いつくされてしまうことも・・・。→そしたら又最初から唄うのかな?
音楽隊の皆様、結構いい気分で演奏されていたらしく、途中何度もあっちを向いて、用を足しておいででした。→発射されるオシッコは量も勢いもあり、宙を舞う放物線が丸見え
もち、あちこちで失笑を買ってました。

ご覧のように、日があっちのほうに行ってしまい、終いには体が冷えてしまった。
翌日は幼稚園も学校もあるので、クーフェンシュテッヘンとリンデンタンツ(リンデ=菩提樹。リンデの下でキルヒタークのダンスを踊るのがトラディッショナル)を見たら、急いで家へと帰りました。
いい時間になっちゃったしね!

また来年の春までさよ~なら~。





クリックよろしく!!
FC2 Blog Ranking
【2007/10/10 04:50】 | 奥地利の文化・習慣 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<ポレンタピザ | ホーム | 我が家で人気の朝食>>
コメント
民族衣装ステキ、ステキ~~!
ぽろさんも持っているの?

うちの娘が通う幼稚園は、エバンゲリッシュ系なんだけども、先々週の週末だったか、教会でやっぱり行事がありました。食物の収穫に感謝するって雰囲気だったんだけど、そーなのかな?
【2007/10/10 14:11】 URL | ふろっしゅ #-[ 編集] | page top↑
コメントありがとうございます♪
e-248ふろっしゅさん
この民族衣装は、独身の若い子達しか身に付けないと思います。
そうでなくても、お高くて手が出ないだろう・・。
マチカe-251がお年頃になって「リンデの下に行きたい」と言ったら、どうしましょ!!→キルヒタークに民族衣装を着てペアで参加することを「リンデの下へ行く」と言います。

お嬢ちゃまの幼稚園の行事は、Erntedankfest(収穫感謝祭?)とやらでは?
【2007/10/10 18:39】 URL | ぽろ #ZB62fJv2[ 編集] | page top↑
ガイルタラーバーデル・Delfino
樽をもっている男性陣のブーツが異常に長いようにな。。。
女性の衣装はかわいいねー。お人形さんe-197みたいだね

ハワイも同じだ!花を既婚者は右耳にさして、独身者は左にさします。
ロシアもたしか右に結婚指輪だったよね~。
イタリアは左なんだよね。この指に流れる血は心臓とつながっていると古代ギリシャ時代から考えられているからだって。
ということは宗教による?左右の境界線はどこ???
【2007/10/11 13:44】 URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集] | page top↑
それは違うでしょ!
e-248Delfinoさん
男の子のブーツは、長いものなんですわ。
女の子の衣装は、着るのが大変なのよ。→エプロンも2・3枚してるんだよ!!

ドイツは知っていたけど、ハワイとロシアも既婚者が右側なんだ!!
いや、境界線は宗教ではないだろう・・・奥地利とイタリアは、どちらもカトリックでしょ?
謎だよね・・・。
【2007/10/11 19:32】 URL | ぽろ #ZB62fJv2[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://okuchiri.blog104.fc2.com/tb.php/35-4d05eef6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。