スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
魚騒動
今月は、一年に一度の北海水産への注文月!!
以前は一年に3-4回注文していたが、配送料がどえらい高くなったため、今では1年に一度の贅沢である。
今年はワタシを含めた3人が仲間で(一緒に)注文し、我が家を配送先とした。
木曜日か金曜日が配送日となるため、ワタシは木曜日も金曜日も予定を入れずに待機。
発送後トラッキングナンバーが貰えるので、チェックしながら「今日は来ないな」とか、「午後になりそうだな」とかなんとなーく到着時間の予想をたてることはできる。

さて金曜日の朝ゼッツが7時15分に登校し、トラッキングをチェックしてみたら「州都・配達不可・6時52分」となっていたので、立った予想は「午前中には届くだろう」。

したらば8時半頃運転手(さんは付けない!)から電話。
「今朝お宅まで行ったが、呼び鈴を鳴らしたけど留守だった」って。(7時ちょっと前に来たと言う)
シッカリ在宅しておりましたが!
袋小路の一番奥にあるぽろ亭まで来る車は非常に少なく(道を間違えた車以外は、ほとんどがぽろ亭に用事のある車しか来ない)、しかも道路に面したキッチンにいると、車が来ると絶対にわかっちゃうんですけど!!
ってことよね。
ワタシとゼッツ以外にも、窓を閉め切らないでベッドにいた○ちゃん(車が来ると絶対に聞こえる!)、すでに目覚めていたばあちゃんの計4名の誰一人として呼び鈴も車が来た音も聞いておらん!

で何?「州都・配達不可・6時52分」って家のことかよっ!
州都からぽろ亭までは約80キロもあるんですけど、おおざっぱすぎませんかっ?!
でもって6時台に配達って、あまりにも非常識じゃありませんかっ?!


まぁ、それは置いときましょ。
では、会話形式で・・・・・

: 「今日はもうそっちには行かないから(すでに隣の州にいるとのこと)、月曜日の配達になる」
: 「中味は魚なので、月曜日じゃ遅すぎる!それならオランダへ送り返してもらうしかない!」
: 「魚?普通の荷物だけど?」
: 「中にドライアイスが入ってるんです!!でも月曜日まではもちません!」
: 「ちょっと会社に電話してからかけなおします」

そして再び

: 「やっぱり今日はそちらへは行けない。妥協案として(こんな言葉は使わなかったが)、○○市で受け渡しをすることならできる」
: 「どうして不在と思った時点で電話をくれなかったの?!」
: 「電話番号を持っていなかったから。今会社から番号をもらったところだ」
: 「それ以外に方法はないの?!」
: 「ない」

ここでワタクシ嫌々ながらOKしてしまった。(少なくとも○○市到着1時間前には電話を入れてもらうということで)
ワタシ一人の魚じゃないからなぁ、と思ってしまったのだなぁ・・・・・。
しかしどうしても納得できないワタシは、北海水産宛に、チクリメールを書き始めた。

そこへ「何をしてるんだ?」と起きてきた○ちゃんに、「絶対に行くな~!!」と言われてしもうた。
○ちゃん曰く、「そいつは隣の州に急ぎの届け物があって、絶対に家を抜かして行った。だいたい7時前に配達するなんて有り得ない!配送会社が責任を持って家まで届けるべきだ。そうでなければ送り返せ!」

確かに・・・・・と思ったワタシは、「荷物を受け取りに行くという提案を受けてしまいましたが、やはり納得できないので北海水産さんから配送会社に荷物を自宅まで届けてもらうようお伝えください」とチクリメールを締めくくった。
そして即効北海水産に電話を入れて、メールを読んでもらった。
その後ハイネケンをもじったような長い名前のオランダ人が、たいていの日本人を打ち負かす程の丁寧語で対応してくれた。
彼からは、何度も電話をもらった。
北海水産→オランダの運送会社→奥地利の運送会社→オランダの運送会社→北海水産という経路で返ってきた返答というのが・・・・・奥地利の運送会社がぽろ亭に電話を入れ、話し合って最善の道を探すというものだった。

しかーし!待てど暮らせど電話はなかったので(それでも家事をしながら、絶対に電話のベルが聞こえる範囲内に留まり、一回だけ洗濯物を干しに外へ出た時はばあちゃんに電話番を頼み)、「これは荷物を届けてくれるってことだな!」と思っておった。
ところが13時半頃運転手から電話が入り・・・・・

: 「あと1時間で○○市に着くから」
: 「やっぱり取りに行けませんから、オランダへ返送してください!」
: 一瞬絶句! 「送り返していいのか?」 (会社から何も聞いてないのか???) 
: 「はい」

ここで北海水産に電話して、ハイニケンさんに事の次第の報告をばっ!
ものすごくガックシされた様子ではあったが、来週の月曜日に同じ内容の荷物を発送してくださるとのこと。
来月また注文しなくちゃならないかと思っていたワタシはホッとした。
「ぽろ様には大変ご迷惑をおかけしましたが、これからも何卒北海水産をよろしくお願いします」というハイネケンさんのご挨拶で電話を切った。

が! よっこらしょ!と腰をおろしたかと思ったら、再びハイニケンさんよりの電話。

: 「(オーストリアの配送会社が)約束の場所で40分も待っているのに、ぽろ様が現れないと言っているんですが・・・・・」
プッチーン!!

アホか!お前は!! 嘘ばーっかつきやがって。(北海水産さんのことではありません。奥地利の運送会社のことです)
今朝の時点で運転手とは○○市で受け取りってことだけで、まだ落ち合う場所までは決めてなかったんだよっ!
どこで40分も待ってるってんだ?
しかも今々運転手から「あと1時間で着く」って電話があったとこだろうが。
トラッキング見たら、まだ○○市に着いてないってバレバレだっつうの!!


ハイニケンさんには、運転手とは具体的な受け渡し場所まで話してなかったこと、運転手との電話を切って5分と置かずして北海水産に報告の電話を入れたこと、奥地利の運送会社からは一度も連絡をもらっていないこと等を伝えた。
ハイニケンさんも、明らかに呆れていた。
ワタシが思わず、「配送会社に対して、ものすごーく不信感があるんですけど!」と言ってしまったら、「わかります・・・・・」と。

あ~、疲れた!
ハイニケンさんも、ワタシのお相手&対処ご苦労様でした。
もちろんワタシも、「ご苦労なこってした。」
皆様も、ワタシの怒りにお付き合い頂き、誠にありがとうございました。





ワタクシ、来週の木曜日か金曜日に宅配が来たら、運転手に(今週と同じ運転手じゃなくても)絶対に物申してしまうと思われます。
いいよね?
     
バナー


なんだか色々なことがあって、日本滞在記のアップがなかなかできません。
余裕がでてきたら、またアップ再開しようと思っています!!
【2012/03/23 11:07】 | 日々の暮らしのなかから | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
<<何の季節? | ホーム | 花粉症とホメオパシー>>
コメント
ありえんーーーーー!!Kuraさんからおおまかなことは聞いてたんだけど、ほんま腹たつなぁ!!ばればれの嘘で世の中渡っていけると思うなよ!って感じね。お疲れ様ですぅ~
で、お魚着いたの?
【2012/03/23 19:05】 URL | トミー #-[ 編集] | page top↑
トミー
>ありえんーーーーー!!

よね。
滅茶苦茶腹立ちました!!

>で、お魚着いたの?

昨日届いた。(記事は今日アップされたけど、先週書いたのよね)
配達員は先週とは違う人だったけど、言うだけは言ったよ。
でも駄目よね、こっちってさ「Ich kann nicht dafuer.」の世界でさ、自分のミス以外は関係ないもんね。
【2012/03/23 21:00】 URL | ぽろ #ZB62fJv2[ 編集] | page top↑
うっわぁ~、ぽろさぁ~ん、こ・れ・はー。。お疲れ様です~(背中なでなで)
聞いてる私までがっくりきちゃいます。
単なるアンポンタンなのかな?いずれにせよ誠意のない人達と付き合うのはほんといやなものですねぇ。。楽しみにしていらしただけに!
再発送して下さることでよかったですね。発送元も外に中身とかデカデカと書くなりしてくれてあるのかしら。。手をうってほしいですね。
【2012/03/24 02:34】 URL | 小夏 #USanPCEI[ 編集] | page top↑
ぽろさん、

リンクありがとうございます。
やっと、遊びにきました。(只今子どもたちはまだ寝ています。フー…)。

「魚騒動」に思わず読み入ってしまいました!
筋を通した(当たり前の??)対応を求めて再送してもらうまでのやりとり…に拍手v-424で~す(大変だったと思いますが…)。私もいつか、ぽろさんのようになりたいです!!

マチカちゃんv-283とゼッツくんe-247にもちょっと親近感。ご家族がこの辺り?のご出身なんでしょうかね。きっとどこかにそんなことも書いてあるのでしょうか。ほかの記事も読ませていただきますね~。

日本の方のいない(たぶん)イストラ住まいなので、なんだかお隣さんができた気分です。また寄らせていただきます。
【2012/03/24 08:16】 URL | photokoko #-[ 編集] | page top↑
小夏さん
>お疲れ様です~(背中なでなで)

は~い!疲れましたぁ。v-394

>単なるアンポンタンなのかな?

しばらく聞いてなかった表現方法に笑ったぁ。v-411

>発送元も外に中身とかデカデカと書くなりしてくれてあるのかしら

書いてないですね・・・・でも、だからと言って週明けの配達でいいや!と家を飛ばしてしまう根性が許せない!!v-412
【2012/03/24 21:06】 URL | ぽろ #ZB62fJv2[ 編集] | page top↑
photokokoさん
>やっと、遊びにきました。(只今子どもたちはまだ寝ています。フー…)。

お疲れ様です!!

>私もいつか、ぽろさんのようになりたいです!!

なれます!時がたてば(年をくえば?)v-398

>マチカちゃんとゼッツくんにもちょっと親近感。ご家族がこの辺り?のご出身なんでしょうかね。

この辺りでは、義父母の子供時代までヴィンディッシュという限りなくスロベニア語に近い方言が話されていたので、お年寄りは全員バイリンガルです。
彼らはスロベニア人とコミュニケートできてしまいます。
もしかしたらクロアチア人とも???

子供たちが小さかった頃、じいちゃんが「ゼッツe-247」と呼んでいたのですよねぇ。
最後にゼッツe-247と呼ばれていた息子君がゼッツe-247、娘のほうはマチカe-251にしてみました。

>日本の方のいない(たぶん)イストラ住まいなので、なんだかお隣さんができた気分です。また寄らせていただきます。

あはは!ワタシもここに来て8年間は日本人を見つけられなかったんですよ。
はい、是非またお越しください!
ワタシも又おじゃましますね♪
【2012/03/24 21:23】 URL | ぽろ #ZB62fJv2[ 編集] | page top↑
ぽろさん、

「ヴィンディッシュ」というのですね。お年寄りはバイリンガル、、なぁ~るほど!謎が解けました。

クロアチア、特に私が住んでいる辺りのスロベニアに近いクロアチアの人とのコミュニケーションには問題ないでしょうね、きっと。

ぽろさんのお返事を読んで元気が湧いてきました!ありがとうございます。








【2012/03/25 17:21】 URL | photokoko #-[ 編集] | page top↑
photokokoさん
>「ヴィンディッシュ」というのですね。

そうです!ただ若者は(理解できる人は少数ながらいても)話せないですね。
その上文字を持たない言語なので、近い将来消えゆくことになるでしょう・・・・・。
その代わりと言ってはなんですが、こういう土地柄小学校ではスロベニア語を取ることができます。
photokokoさん、ここに来たらお年寄りとコミュニケートできちゃいますね♪
ワタシは、単語を少し知っている程度です・・・・・。v-388

>ぽろさんのお返事を読んで元気が湧いてきました!ありがとうございます。

とんでもないです。
そのうち、こちらへも足を延ばしてください。
我々も海にプカプカ浮いているご一家を襲撃することがあるかも!
【2012/03/25 20:46】 URL | ぽろ #ZB62fJv2[ 編集] | page top↑
お疲れ様<m(__)m>
うーん、こんな事絶対に日本ではありえないよね。
ちなみに、どんなお魚なの?
【2012/03/26 12:55】 URL | よし #-[ 編集] | page top↑
よしちゃん
うん、日本じゃ有り得ないね。
冬にネットで炊飯器を注文したとき、日曜日なのに配達してくれて(しかも、一度留守にしてたから連絡用メモが入ってた。←これ普通だよね?)感激したよ。

>ちなみに、どんなお魚なの?

日本人仕様でアジの開きとか、塩サバとか・・・・・本文の一行目にある「北海水産」って文字をクリックすると、詳しく見れるよ。
【2012/03/27 06:37】 URL | ぽろ #ZB62fJv2[ 編集] | page top↑
イタリアかと思ってしまいましたよ。
オーストリアでもこんな事あるんですねぇ。

私は、一度もこのような事は起きた事はありませんが、他の都市では普通に起きているようです。
いくらでも働きたいドライバーはいるだろうから、こういうドライバーは辞めさせて欲しいですよね。
【2012/03/27 08:42】 URL | naturavita aki #Zro8.eHg[ 編集] | page top↑
akiさん
>イタリアかと思ってしまいましたよ。

akiさんは、もう腹も立たないとか???
奥地利では自分がしたミスではない場合、「私の関知するところではないから」という言葉が聞かれます。(約99%)

>いくらでも働きたいドライバーはいるだろうから、こういうドライバーは辞めさせて欲しいですよね。

そうですね・・・・・でもこの場合は、オフィスで指示してる人が嘘つきまくりだったんですよねぇ。v-217
【2012/03/27 19:33】 URL | ぽろ #ZB62fJv2[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://okuchiri.blog104.fc2.com/tb.php/359-a12e1ed1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。