スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
習い事納め
小学2・3年とゼッツが習ったアコーデオンだったけど、「もうやりたくない」と今年度からはやめてしまった。
習い始めて2年目の空手は、来年度も通い続ける予定である。








karate1


高速を使って片道車で約30分とちょっと遠いけど、日本の空手をやってくれるなら!と友達のお母さんと交代で送迎すること早2年。
ゼッツも友達のフローも現在オレンジ帯
前回の里帰り時には、スポーツ店で「ゼッツ」と漢字で名前を入れてもらった。→モチベーション更にアップ!
先生は茶色帯のバルバラ。
やっぱり生徒とは、腰の落とし方が違いますかね?








今年度最後の練習が終わったあとは、お約束通り我々とフロー母子でお食事に!!
その前に!!ここの州にあるいくつものアトラクションが無料になる「Kカード」をゼッツ用に買うため、ショッピングモールへ寄り道ぃ。
村のプールも無料になるので、余裕で元が取れる算段なのだ!



karate2


ワタシが手続きしているあいだ、カウンターのすぐ後ろにある州全体の(だろう)上空写真が床になっている「お子ちゃまは、ここで走り回ってください」コーナーで自分家を探す約3名。
3名の手前、細長い湖(約20km)の右横にある物体は、非常に大きなスリッパであります。
これはお父さん、お母さんが靴を履いたままで履くスリッパなんだけど、靴をぬげばいいことでしょ!と思うのはワタシだけ?
だってさ、いつもあっちゃこっちゃに出しっぱなしになってるんだよ!
絶対に企画ミス。

それはさておき、この後我々4名は中国人経営のビュッフェレストランで、寿司、奥地利風中華、鉄板焼を食べて空手教室の〆としましたとさ。






さて、マチカはと言えば、小学生の時からピアノを習っている。
最初の数年は村人に習っていたが、超多忙な彼女に習い続けることができなくなって、中学生になってからは音楽学校に通い始めた。
奥地利の音楽学校は公立で、日本と比べたら非常にお安く子供達が(希望して条件が合えば大人も!→子供優先)レッスンを受けることができるのよねぇ。
音楽学校の扉は午後に開き、子供達が放課後に通える仕組みになっている。



Vorspiel


毎年6月後半にある発表会が、先週マチカの先生と、彼のお母さん先生の生徒を集めて合同で催された。
マチカの先生はピアノの才能はあるけど話すのが超苦手なので、いつもお母さん先生と合同発表会にして、司会はお母さん先生が一手に引き受けておられる。

プログラムは上手な生徒ほど後ろにリストアップされていた。
マチカの次の女の子までは少したどたどしい演奏だったけど、その次からはレベルがグッ!とあがった。
しかも、「どう見てもまだ中学生でしょ!!」という男の子だったりするのよね。(奥地利の中学校は4年制で、日本の小学5年生~中学2年生と同じ年齢)
奥地利の音楽学校、こうやって才能ある子を見つけて、その芽をのばしていくのだろうな。
もちろんマチカのように、音楽が好きで習い続けている子供達のためにも存在してくれているんだけどね。





母親に入れられてはやめ、入れられてはやめたピアノ教室。
続けていればよかったなぁ・・・・・と思う今日この頃。
そんな経験(後悔先に立たないこと)ありません?
     
バナー
  
【2012/07/11 09:51】 | マチカワールド・ゼッツワールド | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<恒例のサルツブルグ | ホーム | 夏休みへカウントダウン(小学校編)>>
コメント
習い事、そちらの子供たちも日本と同じように、、ん?世間知らずな発言でした。
ネットが無かったら雄大な自然に囲まれた国のイメージしか持っていなかったかも(汗)
それでもなにか日本よりゆったり見えるのは国をおあげてのそういうシステムが整っているからなのでしょうね~。

空写真が床なの、おもしろいですねー!しばらくプールなのかわからず、目をパチパチしちゃいました!

ぽろさんのそのご経験もきっと糧になっていると思いますよー^^
【2012/07/15 09:55】 URL | 小夏 #USanPCEI[ 編集] | page top↑
小夏さん
こんにちは!!

>習い事、そちらの子供たちも日本と同じように、、ん?

学習塾はないですけどね。
音楽学校は、そこいらじゅうにありますよ。

>しばらくプールなのかわからず、目をパチパチしちゃいました!

モールのど真ん中にプールがあったら面白いですよね。
【2012/07/16 12:19】 URL | ぽろ #ZB62fJv2[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://okuchiri.blog104.fc2.com/tb.php/388-68617dd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。