スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
旧市街散策
恒例のサルツブルグ滞在時に、恒例の旧市街一人歩きに出かけた。
今回は、マチカがスペインでお世話になるホストファミリーへのお土産探しが第一優先事項であった。
なんたって、国際観光都市だからロゴ入りお土産品の宝庫だもんね!!








Altestadt3


お土産探しに精を出すなか、いつもとは違う裏道なども歩いてみた。
こんな階段と出会って上ってみることに・・・・・したら、結構な段数で日頃体を鍛えていないワタシはハァハァ言いながら上る羽目に!!








Alteatadt4


階段を上りきって、その後の平坦な道を行く途中の下界の風景。
旧市街の真ん中の、こんな場所にあるアパートだかマンションはいかほどするのだろうと、頭の中がはてなマークになってしまった。








Alteatadt5

いつもとは違う角度から見たホーエンサルツブルグ城。








Altestadt1


この辺にあったはず!と思って歩いて、なんとか見つけた(最初は例の階段にぶち当たっちゃったけど!)墓地の入り口。








Altstadt16


古いお墓が並んでいて、とても気持ちの良い場所。→夜に一人で来たくはないけど!
ものすごい数の観光客で賑わって(?)いるのだった。
よいのだろうか?と思わないでもないが(埋葬されている皆さん、賑やかで嬉しいのかなぁ?)、きっとよいのでしょう・・・・・。








Altestadt2


誰かが特定のお墓の写真を撮っていたので、よく見たら「フランツ・ワーグナー」とあった。
ワタシもパチリ!!
他にも偉人のお墓があるはずだけど、ガイドブック持ってないし、探す元気はなかった・・・・・。








Alteatadt6


墓地にいくつかある出入り口のひとつから出てみたら、こんな場所にぶち当たった。
左側には水路と水車(暑い時には気持ちよい!)、木の彫刻に、ホーエンサルツブルグに向かってケーブルカーの線路(?)が見える。
乗る人いるのかなぁ???








Alteatadt13


ドーム前広場は、サルツブルグ音楽祭の出し物「イェダーマン」の会場作りの真っ最中!








Altestadt12


そして、ドームの手前のいつもの光景。
何を隠そう、ワタシも一度だけ乗ったことがあるのだなぁ・・・・・マチカの3才だか4才の誕生祝に。
って、本人覚えてないわねぇ・・・・・やたらと暑かったことも!








Alteatadt14


こちらは市内観光のニューバージョン!
バイトさんっぽいお兄さん、お姉さんがこぐ自転車の前方についた二人がけの人力自転車に座っての市内観光。






ワタシはフィアッカー(馬車)も人力自転車も、もう乗ることはないだろう。
    
バナー
 


お土産探しと、プチ観光で歩きまわったあとは!!




Alteatadt7


こちら!トマセリのベランダに座ってカフェでも飲みながら道行く人々を観察したかったんだけど、下からチェックする限りでは満席だったので・・・・・








Alteatadt8


同じ広場を囲んで存在するキオスク・トマセリに座ってみることにした。
ワタシが入った時には空いてたんだよねぇ。→出る時には満席。
写真には映っていない、もう少し向こうのテーブルに陣取り人物観察を楽しませていただいた♪
トマセリ本店と同料金なのか?カプチーノが3,9ユーロでございました。高っ!!








Alteatadt9


この日の人物観察の標的はツアーガイドさん!!
民族衣装のディルンデルを着た女性ガイドさんが、結構いらっしゃった。→ガイドたるもの目印にならなくちゃね!!
このガイドさんのように、木の看板(?)を手に行くガイドさんも複数見かけた。








Alteatadt10


こちらはカメレオン色のお兄さん。
お仕事用の衣装なのでしょうね。
男性ガイドで民族衣装の人は見当たらず、このカメレオンスタイルは苦肉の策?→目立ってたもんなぁ。
麦わら帽子は日焼け防止のため?それとも、やっぱりお仕事用衣装の一部???








Altestadt11


このお兄さんは全体に暗いカラーでまとめておられるが、長髪を後ろでまとめており、腕にタトゥーも入っており、それはそれで目印になったかも!
前出のカメレオン氏もだが、看板の代わりに傘を逆さに立てて持っている男性ガイドさん(女性も)多かったな。
まっ、傘は以前から定番みたいだけどね。








altstadt 15


そして旧市街を堪能したワタシは、旧市街を背に庶民の通りのハズレにあるバス停を目指したのであった。





旅は道連れがいたら、まだまだ旧市街に留まったんだけどねぇ。
こりゃ、サルツブルグに知り合いを作るっきゃないか?!
    
バナー
 
【2012/07/19 18:50】 | 旅&お出かけ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<ミラベル庭園周辺 | ホーム | 恒例のサルツブルグ>>
コメント
こんにちは!
本当に素敵なところですね~。
アパートの風景や墓地の入口なんてお洒落なのかしらってため息が出ちゃいます。
同じガイドさんなのに個性があって面白いですね。
看板の代わりに傘って言うのも面白いです。
【2012/07/19 20:47】 URL | special☆rainbows #-[ 編集] | page top↑
special☆rainbowsさん
>本当に素敵なところですね~。

そうですね♪ここの州以外では一番行く頻度が高い町だし、義弟宅のある州でもあるしでひいき目があるのかもしれないけれど、ワタシはサルツブルグ好きです!

>看板の代わりに傘って言うのも面白いです。

元々は傘を持っている人が多かったので、傘の代わりに看板を持つ人が増えてきたってことなんですけどね。v-392
【2012/07/21 20:24】 URL | ぽろ #ZB62fJv2[ 編集] | page top↑
ゲトライデガッセじゃない、市民向けの通りって、なんて名前だったっけ!?

ホテル、予約したんだけど、送ってもらったサイトの評価、めっちゃ低い・・・。
【2012/07/23 19:55】 URL | Kura #/CH0GV6s[ 編集] | page top↑
Kuraさん
>ゲトライデガッセじゃない、市民向けの通りって、なんて名前だったっけ!?

ワタシが言うところの庶民の通りはLinzergasseだよ。
旧市街を背に、最後の写真をまっすぐ歩いて行った先ね。

>ホテル、予約したんだけど、送ってもらったサイトの評価、めっちゃ低い・・・。

おぉ!お隣の国へ行くことが決定したのね♪
サイトの評価が間違ってるといいね。
【2012/07/23 20:24】 URL | ぽろ #ZB62fJv2[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://okuchiri.blog104.fc2.com/tb.php/391-b7aff3b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。