アルムについてきた、とんだオマケ
7月下旬から来ていたちびっこギャング3人衆が、昨日サルツブルグへと帰って行った。
家の中が一気に静かになり、ばあちゃんもワタシもホッと一息。
「遊びに来てくれるのは嬉しいけど、帰って行ってくれるのはもっと嬉しい」とはよく言ったもので(この辺ではよく耳にする言い回し)、ただ、ただ脱力・・・・・。
約一名しょんぼりしてる坊ちゃんもいるけど、終わりがあるから楽しいのよねぇ。
また来年の夏を楽しみに、一年をがんばろうぜ。ってことよね。


さて、さて、この夏のアトラクション with ちびっこギャングのひとつをご紹介。


ある8月の日に、サンちゃん一家の山小屋をちびっこギャング4人衆と、レーズン、ばあちゃんも一緒に襲撃!!→もちろん招待されたからだけどね。
レーズンとギャングは最寄りのアルムまで車で行き、そこから山小屋までの約4キロを徒歩で。
ばあちゃんとワタシは、クリちゃんがアルムから車でお迎えにきてくれたのでだった。
多分ワタシは、もうあの上り坂を歩いて登ることはないのではないかと・・・・・。





dolinza 1


我が前山村にある三つのアルムのなかで、サンちゃんとこのアルムがあるのはココ!!
イタリアとの国境までは徒歩5分とかからないので、アルムにあるガストハウスにはイタリア人がいっぱい。
前山村の村人レニー(80才越してる←正確な年齢は忘れた)が小さな台所で料理を作って出しているけど、すっごいエネルギーで「働いてるから健康なのよ」と言っていた。
イタリア語?もちろん意思疎通できる程度にはペラペラよ。
同じくパワー全開の娘さんがイタリア語堪能で、バリバリ接客してるしね。








dolinza 6


放牧してある牛や馬が、こんな近くまでお食事に来ることもあり!
サンちゃんとこの山小屋、このすぐ下なんだよねぇ。








dolinza 2


サンちゃん家の山小屋。
まだ新しい山小屋で、これはもう山小屋と言うか、下界でも立派に家として機能してしまうと思われる。






dolinza 3


これが居間・・・・・テレビまであるのだなぁ。
まっ、テレビを見れるのは、太陽が出ているあいだの2時間程度ってのが、下界とは違うと言えば違うけどね。








dolinza 4


これも立派なダイニングキッチン。
サンちゃんが外でバーベキューしてくれたので、家のなかは見学程度とお手洗いのみを使用。








dolinza 7


階段だってぽろ亭のものと比べて超モダンで、取り替えて欲しいくらい!!
階段の下は居間で(上の上の写真にある絨毯がちょっぴり見えるでしょ?)、オーブンもあるので、ジープであがってこられれば冬でもお泊りできちゃう。
実際おおみそかを山小屋で過ごす人達もいる・・・・・ワタシは嫌だけど。





そんなこんなで楽しく過ごして家路につきました。
レーズンとギャングが出発してしばらくしてからクリちゃんに送ってもらったけど、我々の方が早く家に着いてしまった。
クリちゃんが山小屋へと引き返したところで、ばあちゃんに「カギ持ってる?」とワタシ。
ばあちゃんは、「私のカギはマチカに渡したからないよ。あんたは持ってるよね?」って・・・・・持ってないし!

カギを持ったマチカはバイトに行ってるし、○ちゃんも仕事に行ってるし・・・・・しょうがない!マチカんとこまで車で行って来るか!!と思ったけど、車のカギも家の中。
○ちゃんになど電話できない!したくない!→何を言われるか想像つくし!!








toilettenfenster


真っ白になった頭で家を一周してみたら、トイレの窓が1個だけ開いていた。
2階の窓が普通サイズ、トイレの窓は極小サイズ・・・・・。








teilettenfenster 2


そして、都合のよいことにさくらんぼの木に掛けてあったハシゴが、こんな近くに出しっぱなし!!
やるっきゃないっしょ!と、左足から入り、頭を抜いて、最後に右足をIN。
なんとかなったぁ。
これからは、出かける前にちゃんと考えられるように学習したのならよいのだが・・・・・。







子供たちと○ちゃんは、この事件について一切知りません。
    
バナー

【2012/08/31 22:50】 | 日々の暮らしのなかから | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<今年二軒目の山小屋訪問 | ホーム | 実りの晩夏>>
コメント
山小屋?普通に家と言う感じで、かわいいですね。オーストリアの家って、木で出来ている家が多くて、見ているだでもかわいいなと思いますが、中も階段とかステキ。
イタリアの家が、普通過ぎに見えます・・・。
【2012/09/01 08:32】 URL | aki #Zro8.eHg[ 編集] | page top↑
akiさん
家は残念ながら、木ではできないないんですけどね。v-392
ほんの一部木の部分もありますが、それだけでも数年に一度のお手入れが必要で、面倒くさいんですよね・・・・・。

イタリアの家って、どんなんでしょう?→あまり注意して見たことがなかったりして・・・・・。v-388
【2012/09/02 19:54】 URL | ぽろ #ZB62fJv2[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://okuchiri.blog104.fc2.com/tb.php/400-6e696764
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |